バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

窮地に立たされても被災者を思う・・・ホンダの心意気が素晴らしすぎる

4月14日に発生した熊本の地震。

発生から12日が経過した今も余震による被害がおこっています。

 

私のようにバイクの仕事をしている人に

 

「熊本言えば?」

 

と問われれば

 

「ホンダ!」

 

と答える人は少なくないと思います。

 

何故なら熊本工場は国内唯一のバイク生産拠点だからです。

この工場は全世界のホンダバイクの中核を担っていますが、

今回の震災によって稼動停止を余儀なくされています。

 

今回の震災による経済的な損失は計り知れないと言われていますが

ホンダも多分にもれず大きな被害を受けています。

 

ホンダは先日広報担当者から

 

「社運をかけています!」

 

というコメントが飛び出すほど力を入れて作り上げた

アフリカツインというバイクをを発売しました。

 

発売から程なく年間目標販売台数を突破し非常に好調でしたが

今回の震災によって熊本工場は大変な被災状況であり生産休止を

余儀なくされている状態となっています。

 

現地の情報はホンダ内部の人間でも断片的にはしか入ってきていないそうですが、

出荷を待っていた車両は倒れてしまい出荷できない状態になっているそう。

 

更に余震が続いているために立ち入ることができない建物もあるそうで

当初22日まで操業停止の予定が28日まで延期となり、現在も再開の目処が

たっていないそうです。

 

同工場は一日に750台の二輪車を生産しており、国内外に出荷しています。

特に排気量の大きい高級車を生産していることもあり被害額は計り知れません。

 

しかしホンダは震災が起きた翌日の4月15日には

義援金や発電機の提供などによる支援を決定しています。

会社はいち早く支援を決めましたが、

 

私がホンダのスタッフで社内にいたとしたら

まさに目の前が真っ暗になる状態といわざるえません。

 

先日いつもインプレッション用の車両をお願いしている

ホンダの広報担当者に連絡を入れてみたところ

 

「目の前が真っ暗になるような感じです・・・」

 

というメールが帰ってきた。

 

いつもはネガティブな事を言う人ではないことを

私は良く知っている。でも正直やっぱりなと思いました

こんな時だから当たり前のことです。

 

しかし、彼は更にこう重ねました。

 

「お客様にお届けする約束も出来ず迷惑をかけている。

お客様の笑顔がHONDAの力なので、一日も速く笑顔を

いただけるように乗り越えたいと思う。」

 

私も商売をしていますが、目の前が真っ暗の状態で

こんな事を言える自信はありません。

 

ホンダは会社も素晴らしければ、スタッフも素晴らしいですね。

 

ちなみにホンダが熊本の震災に対して行っている支援は

 

義捐金として熊本県に5千万円の寄付
発電機および非常食や飲料水などの提供
熊本県震災エリアの通行可能な道路の参考情報として、Honda「インターナビ」による道路通行実績情報を

「Googleマップ」および「Yahoo!地図」にて一般公開。

 

※ホンダは東日本大震災の際にも翌日には道路通行実績情報を公開していました。

 

ワークマン最強の防水・防寒ウエアはイージスの盾

先日ワークマンに取材に伺って防水、防寒ウエア・イージスについて

色々とお話を伺ってきました。

 

その時の模様はオールアバウトにて記事公開しています。

 

バイカー絶賛!最強の防寒ウェアはワークマンにあった

 

取材当日にはワークマンの柏田さん、八木さん、中村さんの

三名が対応してくださり面白い話を沢山聞くことができました。

 

全ての内容を全て記事に盛り込むことができなかったので

泣く泣くカットした内容があるのですが、

 

そのなかでも特に面白かったのは東北・北海道地域限定のイージスがあるということ。

 

バイク用としても使える防水・防寒ウエアとして販売されている

イージスにはいくつかのバリエーションモデルがありますが、

今年はテスト的に東北・北海道地域などの極寒地域用イージスが販売されたそうです。

 

暖冬だったために反応がわかり辛いと開発担当の八木さんはおっしゃっていましたが、

 

イージスシールドというネーミングで販売され

裏面は全面起毛になっているそうです。

 

ノーマルイージスですら、室内ではサウナに入っているように感じましたが

更に暖かいイージスが存在するというのですから驚きです。

 

ワークマンオンラインストアにも掲載されていませんし

頂いたカタログにも掲載されていないため、東北・北海道に

住んでいなければ目にすることできないイージスシールド。

 

今年は防水・防寒ウエアが売れる季節は終わってしまいましたが

来年以降にイージスシールドが販売されるかどうかはまだ未定だそうです。

 

年々注目度が増しているワークマンのイージスシリーズ。

 

インターネット上でも話題になることが増えてきていますが

さすがにイージスシールドの情報はありませんでした。

 

来年度はイージス・イージスプロに加えて

イージスシールドもラインナップに加わるか?

 

梅雨前にはバイクでも使えるニーパッド入りレインウエアが

発売になるというワークマン。

 

しばらくはワークマンから目を離すことができませんね!

首都高の料金2016年四月から値上がりにバイクは据え置き?

昨日久しぶりに車で首都高を利用する機会があり、

羽田から首都高に乗ろうとしたのですが

 

入り口にあったポップに目を奪われました。

 

首都高は4月1日より新料金になり車種区分が5つにわかれます。

 

昨年には発表のあった内容だったようで

家に帰ってウェブで確認すると二輪・四輪系メディアでは

とっくにとりあげられていました。

 

実質値上げの方向性のため各種で批判されていますが、

まぁ道路を維持するのにはお金がかかるのでしょうし、

値上げして高いと感じる人は使わなければよいと思います。

 

ですが、納得がいかないのは軽自動車と二輪車が同じ料金ということ。

 

車やバイクが走れば道路が傷み、維持する為にはお金がかかる。

現在の利用料金では維持できないので値上げします。は理解できます。

 

大きい車が走ればその分道路が傷むので大きい車が走る場合は

料金も割り増しになります。も理解できます。

 

トヨタのプリウスが1400kgぐらい。

スズキのワゴンRは800kgぐらい。

 

600kgも重さが違えば道路の傷み方は変わってくるだろうから

料金が違うのは仕方がないと思います。

 

でもね、、、

 

国産メーカーが販売しているバイクで最も重いであろう

ホンダのゴールドウイングでも400kgしかありません。

 

高速道路を走れる最小排気量で考えればホンダのPCX150は

130kgしかいないし。

 

地方の有料道路とか使っていると原付や二輪車の区分もあって

やたらと安かったりします。

 

地方はできるのになんで都心ではできないんでしょうね。

 

高速道路の値上げ・安全装置装着義務化(ABS)による車両価格の値上げ

厳しい環境基準を受けて燃料噴射装置のコンピューター化やマフラー内部への

高価なキャタライザー装着などによる車両価格の値上げ。

 

車両価格が上がれば若い人の二輪離れは加速していく一方です。

 

ものすごく頭の良い人が国を動かしているのでしょうが、

二輪車販売台数100万台を目標を掲げている国の動きとは思えません。

 

 

 

 

ヤマハが仕掛ける新しい原付2種YW125X ビーウィズ NMAXはヒットとなるか?

ヤマハから新しい二台の原付2種スクーターが発売されます。

2月10日に発売されるのがYW125X ビーウィズ。

 

BW'S125

BW'S125

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シグナスXと共通のエンジンとフレームを採用したBW'S【ビーウィズ】はシグナスXと同様に

台湾ヤマハが担当しており、日本では逆輸入で一部販売されていました。

 

 

今回日本で販売されるYW125X ビーウィズは台湾ヤマハの

BW'S R【ビーウィズR】をベースに日本仕様に改良したもの。

 

 

外観上の違いとしては、タンデムグリップ付のリアキャリアや

ブラッシュガードなどが採用されており利便性が向上している

モデルとなっています。

 

 

シグナスXと比べるとタイヤサイズが前後ワンサイズずつ太いタイヤを

採用しパターンもブロックパターンを採用しています。

 

 

BW'Sは個性的なデザインを取り入れていることもあって

一部の熱狂的なファンを抱えていますが、シグナスXに比べると少数派。

そのためヤマハも年間販売計画を3000台としています。

 

 

NMAX

NMAX

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に3月18日に発売されるNMAX。

 

 

ヤマハのフラッグシップスポーツスクーター TMAXを筆頭に

海外ではSMAXの名称で販売されているマジェスティS

そして今回のNMAXと三兄弟が揃った形となります。

 

 

Blue Core Engine

Blue Core Engine

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NMAXは2014年にヤマハが新世代の小型エンジンとして発表し

「2020年までに500万台の生産を目指す」

とした渾身のエンジンを搭載しています。

 

 

海外ではブルーコアエンジン搭載車両が販売されていたものの、日本では

未導入だったため初のブルーコアエンジン搭載車両ということになります。

 

 

eSPエンジン

eSPエンジン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近では高出力・低燃費の小型エンジンに各社が力を入れており

ホンダはeSPエンジン。スズキはSEPエンジンを発表しています。

 

 

PCX

PCX

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特にホンダのeSPエンジン当社車両は日本でも好評でeSPエンジン

搭載車両のリード125やPCXは大ヒットとなっています。

 

 

海外では安価な110ccスクーターがトレンドですが、国内では

高性能な125ccスクーターに人気が集中しています。

 

 

走行性能に関して言えば、ホンダのeSPエンジンを搭載したPCXが

頭一つ抜きんでている印象がありましたが、ヤマハ・ブルーコアエンジン

搭載車両のNMAXとPCXを諸元表で比べてみると、

 

NMAX

 

 

最高出力 9.0kW(12PS)/7,500r/min
燃料消費率*1

国土交通省届出値定地燃費値 *2

50.5km/L(60km/h) 2名乗車時

WMTCモード値 *3

45.2km/L(クラス1) 1名乗車時
燃料タンク容量 6.6L

 

 

PCX

 

 

最高出力(kW[PS]/rpm) 8.6[12]/8,500 10[14]/8,500

 

燃料消費率(km/L)*1 国土交通省届出値:
定地燃費値(60km/h)*2
53.7〈2名乗車時〉 52.9〈2名乗車時〉
WMTCモード値
(クラス)*3
50.6(クラス1)〈1名乗車時〉 45.6(クラス2-1)〈1名乗車時〉

 

燃料タンク容量(L) 8.0

 

 

どちらのスペック上は最高出力はほとんど大差なく燃費は

微妙にPCXの方が優れ、タンク容量はPCXの方が大きい。

 

 

灯火類はPCXもNMAXもLEDを採用していますが、一番大きな違いは

NMAXはABSが標準採用というところ。

※逆にNMAXはアイドリングストップは採用されていない。

 

 

PCXはコンビネーションブレーキは採用しているもののABSは未搭載。

 

 

ほとんどスペック的には互角の両車輌ですが、安全性という面では

NMAXに軍配といったところでしょうか。

 

 

価格で見ればNMAXが34万200円

PCXが32万9400円

 

 

価格差はわずかですが、今のユーザーにはABSの有無は響きそうな印象があります。

 

 

ヤマハとしてもNMAXの販売には力を入れていく方針を固めていて

シグナスXと同じ年間販売計画を1万台に設定しています。

 

 

一ヶ月違いで販売が開始されるBW'SとNMAXですが、

BW'Sは日本でのコアなユーザーにデリバリーされ、

NMAX原付2種クラスユーザーのメインターゲット向けにデリバリーされる様相でしょう。

 

 

そこで問題になってくるのは今後のホンダの動きです。

 

 

PCXは過去二回大幅なモデルチェンジを行っており

一回目のモデルチェンジでeSPエンジンを採用し、二回目のモデルチェンジでは

国産車としては初めてLEDのヘッドライトを搭載しました。

 

 

NMAXはABS搭載でリリースされました。

当然ホンダも黙ってはいないでしょう。

 

 

今まではトータル的なバランスで言えばPCXが断トツに優れていた

原付2種クラスですが、ガチンコのライバルが登場することにより

競争が生まれ、価格や性能に反映さえれくればユーザーとしてはありがたいですね。

 

 

デザイン的にはヨーロッパ向けのNMAXですが、

性能面は申し分ありません。

 

 

高性能原付2種クラスでPCXと人気を二分するのか?

期待したいところです。

中高年リターンライダーの事故急増は肉体の衰えだけが原因じゃない

「<中高年ライダー>ご用心 「リターン」若い頃とは違います」

 

というタイトルの記事がヤフーニュースに掲載されていました。

 

要約すると

 

中高年リターンライダーの事故が急増

各地で安全講習会が開かれ参加者も増えてきているが

若い頃に比べて体力が落ちているので気をつけよう。

 

といった内容のもの。

 

確かにその通りなのですが、

中高年の事故が増えている理由は体力の衰えだけではありません。

 

先日残念な死亡事故がありました。

 

12月17日 場所は伊豆スカイライン

バイクは外国製1000ccスーパースポーツバイク

トラコンなどのサポート機能搭載車両

 

このバイクもそうですが、最近の高級なバイクには、、

 

リアタイヤの空転を避けるトラクションコントロールや

ブレーキのロックを避けるABSなど

 

ライダーのライディングをサポートする機能が搭載されています。

 

また昔のバイクに比べて、、

 

まっすぐ走る

曲がる

止まる

 

全ての機能が高水準になっています。

そのため、大型バイクであっても運転しやすいモデルも多数あります。

 

しばらくぶりにバイクを買うことになった

折角なら若い頃に買えなかった憧れのスーパースポーツモデルを!

あれ?しばらくぶりに乗ったのに以外に乗れちゃう

 

↑これ死亡フラグです。

 

体力の衰えと共に事故の原因となるのは過信運転による事故。

 

 

久しぶりにバイクに乗って、意外にむかしと同じように乗れちゃうものだから

過信してスピードを出しすぎてしまいコントロールを失ってしまう。

 

バイク事故の多い道は、バイク通行禁止になる可能性も充分にあります。

 

私もおっさんと呼ばれる年になりましたが、

おっさんのせいで若い人たちが走れる道を減らすのはやめましょう。

 

最近250ccクラスにエントリーユーザー向け車両が増えて

若干ですが、若いライダーが増えてきたような印象があります。

 

パーキングなどでもCBR250Rやニンジャ250、GSR250など

見かける機会も増えてきましたが、パーキングでの振舞い一つとっても

リッターバイクに乗っているおっさんの方がマナーが悪かったりします。

 

そうそう、最近は古いバイクに暴走族風のカスタムをしている

旧車會のマナーの悪さも報道されていました。

これらの車両に乗っているほとんどはやっぱりおっさんです。

 

とかく若い人達の立ち振る舞いを悪く捉える風潮がありますが

私たちおっさんも気をつけないとなりませんね。

プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報