バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

ヤマハ・女性向け125ccスクーター JANUSをベトナムリリース!

日本でもだしてほしい!女性向け125ccスクーター JANUS

 

Janus ブルー

Janus ブルー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマハ発動機株式会社は、陶磁器の艶感をイメージしたデザインの軽量ボディに、
走りと燃費・環境性能を両立する“BLUE CORE”エンジンを搭載した女性向け125cc
スクーターの新製品「Janus」を2016年8月中旬からベトナムで発売します。

 

 

ヤマハから上記リリースが発表されました。

 

 

50ccクラスにはヤマハのビーノやジョルノなど

女性向けデザインの車両が揃っています。

 

しかし日常の足として販売台数を伸ばしている原付2種クラスには

女性向けのデザインの125ccは日本では販売されていません。

 

 

jog sweet

jog sweet

 

 

日本よりも日常の足として原付が使われている台湾には

JOG SWEETが販売されいます。

 

 

Fino

Fino

 

 

タイヤマハでもお洒落なデザインが目を引くFinoが販売されています。

 

タイやベトナムは日本よりも圧倒的にバイクが売れているので

原付2種クラスだけ見ても日本よりも種類があります。

 

しかしそれでも女性向けといえるデザインの車両はごく一部です。

 

私は毎日バイクか車で通勤していますが、

ふとバイクで通勤している人を見てみると大半は男性という印象があります。

 

最近女性に人気なのは免許のいらない電動アシスト自転車ですね。

 

日本で更に原付2種のユーザー層を広げようとするのであれば

法整備から考えなければいけないと思います。

 

しかし女性がこれから原付2種を購入しようと考えたときに

女性向けデザインの車両が販売されてないというのは困ったものです。

 

ちなみに前述した

 

JANUS、FINO、JOG SWEETは全て

ブルーコアエンジン搭載車両です。

 

ヤマハが燃費・環境性能・動力性能を兼ね備えた

次世代エンジンとして発表したブルーコアエンジンは

日本でもNMAXに搭載されています。

 

環境基準は厳しくなる一方ですが、

日本でも販売されているスクーターに搭載されている

エンジンを採用した車両であれば基準値をクリアできる

可能性は限りなく高いはず。

 

逆輸入ではなく、日本のヤマハが正式に女性向け車両をリリースしてほしいものです。

 

CBR250RRもいいけどSV650もかなり良いと思う

バイク業界が今最も注目しているのは

ホンダのCBR250RR。

 

カワサキのニンジャ250Rのリリースをきっかけに

250ccフルカウルブームが始まりました。

 

ホンダは単気筒なのに恐ろしく高回転まで回るCBR250Rをリリースし

ヤマハは250ccフルカウル車両の中で最も高出力なエンジンを搭載した

YZF-R25をリリースしました。

 

現在はYZF-R25が人気ですが、ここにきてホンダもスペック重視の

250ccフルカウルスポーツをリリースしてきました。

 

250ccクラスは台数も売れるので注目されて当然なのですが、

ほとんど同じタイミングで発表されたSV650の国内販売は個人的には

もっと注目されても良いと思う。

 

スズキ SV650

スズキ SV650

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までは大型免許を持っているなら700ccとか800ccといった中途半端な排気量よりも

1000ccオーバーのリッターバイクが好まれる傾向がありましたが、バイクユーザーの

年齢層が高くなるにつれ、「調度良い」排気量のバイクも好まれるようになってきました。

 

ホンダのNCシリーズやヤマハのMTシリーズなど大型バイクだけど扱いやすくて

価格も安いというポイントがユーザーに受け入れられ大人気となりました。

 

今はこの排気量のクラスで言えば、ヤマハのMTシリーズが人気ですが、

このクラスに新しい選択肢が生まれるのは嬉しいところです。

 

SV650のエンジンはV型二気筒

SV650のエンジンはV型二気筒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライバルはやっぱりヤマハのMT-07。

 

スペックだけ見ると、MT-07は73馬力 182kg【ABS付】

SV650は76.1馬力 196kg【ABS付】

 

燃費はちょっとだけMT-07の方が優れてるようです。

 

価格はMT-07が74万9520円

SV650は73万8720円

 

スペックや価格だけ見比べると充分にライバルと言える二台。

 

SV650の販売開始は8月11日からということ。

試乗が楽しみな一台です。

イトーヨーカドーの熟成肉を調理してみた

お風呂場で何気なくネットサーフィンしていると

 

「イトーヨーカドーで熟成肉を売っている」

 

という記事を見つけました。

 

 

全店のイトーヨーカドーで扱っているのかはわかりません。

 

近くにあるグランツリー武蔵小杉の中にあるイトーヨーカドーの

お肉やさんで購入したというブログ記事をいくつか発見し、さくっと

風呂から上がって買いに行ってきました。

 

 

熟成肉

熟成肉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステーキ肉二枚が入って2539円

庶民が簡単に手を出せる金額ではありません。

 

 

パッケージに調理法が書いてあったので

早速調理してみましょう。

 

 

image5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはフライパンをしっかりと熱して油をしきます。

 

そこに熟成肉を投入して

 

 

image6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両面を1分30秒ずつ強火で焼きます。

いつもは料理でストップウォッチなんて使いませんが、

お高いお肉なので指示に従ってキッチリ図ります。

 

 

熟成肉!!

熟成肉!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両面焼きあがったらアルミホイールに包んで15分寝かせます。

 

 

image8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後から気が付いたのですが、アルミホイールに包んで寝かせているうちに

ぬるくなってしまうので、最後に少し火を入れなおしても良いのかも・・・

 

 

色々な塩で頂きます

色々な塩で頂きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーーん思ったより硬い。。。

 

 

中は若干赤めですが、焼き加減としてはミディアムより

ちょっと火が入っているかな?という感じでした。

 

 

過程によってコンロの火力も若干違うでしょうし、

うちのコンロであれば片面1分ずつでよかったかもしれません。

 

ちなみに塩はわさび塩が一番あっている感じがしました。

あまり濃い味は肉のうまさを殺してしまうので、さっぱりと

召し上がるのがよろしいかと。。。

 

 

結論としては、、、

 

 

焼き時間はあくまで目安

さっぱり目の塩の方が美味しく食べられる。

 

 

お高いお肉なのでしばらくは食べられませんが

次回は今回の教訓を生かしたいと思います!

 

 

熊本の震災に対してのホンダの神対応の理由とは?

ホンダの速すぎる支援内容決定

 

 

4月14日に起こった熊本の震災翌日にホンダは支援を決定し実施しています。

熊本にはホンダの国内唯一の二輪車生産拠点があります。

 

 

くまモン モンキー

くまモン モンキー

 

地域との結びつきも強く熊本のPRキャラクター「くまもん」仕様の

バイクを作ってしまうほど。

 

地域のつながりが早めの支援決定に繋がったとも言えますが、

4月14日の夜に起こった震災に対する支援を翌日に

決定するスピードは神対応としか言いようがありません。

 

車やバイク関連企業が支援内容を発表したのは、、、

 

トヨタ 4月16日

日産 4月19日

スズキ 4月19日

ヤマハ 4月25日

カワサキ 4月21日

 

車やバイクに限って掲載しましたが決してこれらの

企業の支援発表が遅いわけではなく、

 

他の企業に比べてホンダの支援内容発表は早すぎるんです。

 

 

ホンダの対応が早かったのは自然災害に見舞われ続けたから

何故これほどホンダの対応が速かったのかと言えば、、、

過去にも自然災害による被害を受けているから。

 

2011年にはタイの洪水による被害でホンダのタイ工場が甚大な被害に見舞われました。

当時日本国内で爆発的に売れていた原付2種スクーターPCXの生産がストップしてしまい

大量のバックオーダーを抱えました。

 

更に同じく2011年に起こった東北関東大震災では

栃木の本田技術研究所四輪R&Dセンターが被災し天井が

落ちるなどして30人以上のけが人を出す結果となりました。

 

ホンダは自社が災害に見舞われてきたことで

災害時の対応が磨かれてきたといえるでしょう。

 

ホンダは支援内容もすごい!

 

 

先ほど例を挙げた企業の支援内容を見てみましょう。

 

 

トヨタ

総額1000万円の義援金とマッチングギフト

 

日産

義援金1000万円と電気自動車100台の貸し出し

飲料水(500ml)6,000本、白米(アルファ米)2,750食をはじめとする食料や日用品等の物資

 

スズキ

義援金300万円

 

ヤマハ

義援金300万円

 

カワサキ

義援金1000万円

 

 

日産が頑張っている印象がありますが、ホンダは更にすごいです。

 

義援金5000万円

発電機および非常食や飲料水などの提供

熊本県震災エリアの通行可能な道路の参考情報として、Honda「インターナビ」による

道路通行実績情報を「Googleマップ」および「Yahoo!地図」にて一般公開を開始しました。

 

まず義援金の額が圧倒的に大きい。

 

更に災害時には避難所などで役に立つ発電機もありがたいですよね。

 

 

前述したとおりホンダの熊本工場は国内唯一の生産拠点

一日に750台製造されていますが、今はまだ稼動停止しており

5月6日から徐々に生産を再開するようです。

 

ただ建屋の被害は大きく、復旧は8月頃になるとのこと。

 

 

ホンダの販売店に確認したところ、新車の入荷時期は未定になっているとのこと。

こんな時は過度な自粛ムードは避けたいところですが、ホンダの欲しいバイクがあるなら

他のバイクで妥協せず、「待つこと」が支援につながるかもしれません。

窮地に立たされても被災者を思う・・・ホンダの心意気が素晴らしすぎる

4月14日に発生した熊本の地震。

発生から12日が経過した今も余震による被害がおこっています。

 

私のようにバイクの仕事をしている人に

 

「熊本言えば?」

 

と問われれば

 

「ホンダ!」

 

と答える人は少なくないと思います。

 

何故なら熊本工場は国内唯一のバイク生産拠点だからです。

この工場は全世界のホンダバイクの中核を担っていますが、

今回の震災によって稼動停止を余儀なくされています。

 

今回の震災による経済的な損失は計り知れないと言われていますが

ホンダも多分にもれず大きな被害を受けています。

 

ホンダは先日広報担当者から

 

「社運をかけています!」

 

というコメントが飛び出すほど力を入れて作り上げた

アフリカツインというバイクをを発売しました。

 

発売から程なく年間目標販売台数を突破し非常に好調でしたが

今回の震災によって熊本工場は大変な被災状況であり生産休止を

余儀なくされている状態となっています。

 

現地の情報はホンダ内部の人間でも断片的にはしか入ってきていないそうですが、

出荷を待っていた車両は倒れてしまい出荷できない状態になっているそう。

 

更に余震が続いているために立ち入ることができない建物もあるそうで

当初22日まで操業停止の予定が28日まで延期となり、現在も再開の目処が

たっていないそうです。

 

同工場は一日に750台の二輪車を生産しており、国内外に出荷しています。

特に排気量の大きい高級車を生産していることもあり被害額は計り知れません。

 

しかしホンダは震災が起きた翌日の4月15日には

義援金や発電機の提供などによる支援を決定しています。

会社はいち早く支援を決めましたが、

 

私がホンダのスタッフで社内にいたとしたら

まさに目の前が真っ暗になる状態といわざるえません。

 

先日いつもインプレッション用の車両をお願いしている

ホンダの広報担当者に連絡を入れてみたところ

 

「目の前が真っ暗になるような感じです・・・」

 

というメールが帰ってきた。

 

いつもはネガティブな事を言う人ではないことを

私は良く知っている。でも正直やっぱりなと思いました

こんな時だから当たり前のことです。

 

しかし、彼は更にこう重ねました。

 

「お客様にお届けする約束も出来ず迷惑をかけている。

お客様の笑顔がHONDAの力なので、一日も速く笑顔を

いただけるように乗り越えたいと思う。」

 

私も商売をしていますが、目の前が真っ暗の状態で

こんな事を言える自信はありません。

 

ホンダは会社も素晴らしければ、スタッフも素晴らしいですね。

 

ちなみにホンダが熊本の震災に対して行っている支援は

 

義捐金として熊本県に5千万円の寄付
発電機および非常食や飲料水などの提供
熊本県震災エリアの通行可能な道路の参考情報として、Honda「インターナビ」による道路通行実績情報を

「Googleマップ」および「Yahoo!地図」にて一般公開。

 

※ホンダは東日本大震災の際にも翌日には道路通行実績情報を公開していました。

 

プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報