バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

イトーヨーカドーの熟成肉を調理してみた

お風呂場で何気なくネットサーフィンしていると

 

「イトーヨーカドーで熟成肉を売っている」

 

という記事を見つけました。

 

 

全店のイトーヨーカドーで扱っているのかはわかりません。

 

近くにあるグランツリー武蔵小杉の中にあるイトーヨーカドーの

お肉やさんで購入したというブログ記事をいくつか発見し、さくっと

風呂から上がって買いに行ってきました。

 

 

熟成肉

熟成肉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステーキ肉二枚が入って2539円

庶民が簡単に手を出せる金額ではありません。

 

 

パッケージに調理法が書いてあったので

早速調理してみましょう。

 

 

image5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはフライパンをしっかりと熱して油をしきます。

 

そこに熟成肉を投入して

 

 

image6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両面を1分30秒ずつ強火で焼きます。

いつもは料理でストップウォッチなんて使いませんが、

お高いお肉なので指示に従ってキッチリ図ります。

 

 

熟成肉!!

熟成肉!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両面焼きあがったらアルミホイールに包んで15分寝かせます。

 

 

image8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後から気が付いたのですが、アルミホイールに包んで寝かせているうちに

ぬるくなってしまうので、最後に少し火を入れなおしても良いのかも・・・

 

 

色々な塩で頂きます

色々な塩で頂きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーーん思ったより硬い。。。

 

 

中は若干赤めですが、焼き加減としてはミディアムより

ちょっと火が入っているかな?という感じでした。

 

 

過程によってコンロの火力も若干違うでしょうし、

うちのコンロであれば片面1分ずつでよかったかもしれません。

 

ちなみに塩はわさび塩が一番あっている感じがしました。

あまり濃い味は肉のうまさを殺してしまうので、さっぱりと

召し上がるのがよろしいかと。。。

 

 

結論としては、、、

 

 

焼き時間はあくまで目安

さっぱり目の塩の方が美味しく食べられる。

 

 

お高いお肉なのでしばらくは食べられませんが

次回は今回の教訓を生かしたいと思います!

 

 

熊本の震災に対してのホンダの神対応の理由とは?

ホンダの速すぎる支援内容決定

 

 

4月14日に起こった熊本の震災翌日にホンダは支援を決定し実施しています。

熊本にはホンダの国内唯一の二輪車生産拠点があります。

 

 

くまモン モンキー

くまモン モンキー

 

地域との結びつきも強く熊本のPRキャラクター「くまもん」仕様の

バイクを作ってしまうほど。

 

地域のつながりが早めの支援決定に繋がったとも言えますが、

4月14日の夜に起こった震災に対する支援を翌日に

決定するスピードは神対応としか言いようがありません。

 

車やバイク関連企業が支援内容を発表したのは、、、

 

トヨタ 4月16日

日産 4月19日

スズキ 4月19日

ヤマハ 4月25日

カワサキ 4月21日

 

車やバイクに限って掲載しましたが決してこれらの

企業の支援発表が遅いわけではなく、

 

他の企業に比べてホンダの支援内容発表は早すぎるんです。

 

 

ホンダの対応が早かったのは自然災害に見舞われ続けたから

何故これほどホンダの対応が速かったのかと言えば、、、

過去にも自然災害による被害を受けているから。

 

2011年にはタイの洪水による被害でホンダのタイ工場が甚大な被害に見舞われました。

当時日本国内で爆発的に売れていた原付2種スクーターPCXの生産がストップしてしまい

大量のバックオーダーを抱えました。

 

更に同じく2011年に起こった東北関東大震災では

栃木の本田技術研究所四輪R&Dセンターが被災し天井が

落ちるなどして30人以上のけが人を出す結果となりました。

 

ホンダは自社が災害に見舞われてきたことで

災害時の対応が磨かれてきたといえるでしょう。

 

ホンダは支援内容もすごい!

 

 

先ほど例を挙げた企業の支援内容を見てみましょう。

 

 

トヨタ

総額1000万円の義援金とマッチングギフト

 

日産

義援金1000万円と電気自動車100台の貸し出し

飲料水(500ml)6,000本、白米(アルファ米)2,750食をはじめとする食料や日用品等の物資

 

スズキ

義援金300万円

 

ヤマハ

義援金300万円

 

カワサキ

義援金1000万円

 

 

日産が頑張っている印象がありますが、ホンダは更にすごいです。

 

義援金5000万円

発電機および非常食や飲料水などの提供

熊本県震災エリアの通行可能な道路の参考情報として、Honda「インターナビ」による

道路通行実績情報を「Googleマップ」および「Yahoo!地図」にて一般公開を開始しました。

 

まず義援金の額が圧倒的に大きい。

 

更に災害時には避難所などで役に立つ発電機もありがたいですよね。

 

 

前述したとおりホンダの熊本工場は国内唯一の生産拠点

一日に750台製造されていますが、今はまだ稼動停止しており

5月6日から徐々に生産を再開するようです。

 

ただ建屋の被害は大きく、復旧は8月頃になるとのこと。

 

 

ホンダの販売店に確認したところ、新車の入荷時期は未定になっているとのこと。

こんな時は過度な自粛ムードは避けたいところですが、ホンダの欲しいバイクがあるなら

他のバイクで妥協せず、「待つこと」が支援につながるかもしれません。

窮地に立たされても被災者を思う・・・ホンダの心意気が素晴らしすぎる

4月14日に発生した熊本の地震。

発生から12日が経過した今も余震による被害がおこっています。

 

私のようにバイクの仕事をしている人に

 

「熊本言えば?」

 

と問われれば

 

「ホンダ!」

 

と答える人は少なくないと思います。

 

何故なら熊本工場は国内唯一のバイク生産拠点だからです。

この工場は全世界のホンダバイクの中核を担っていますが、

今回の震災によって稼動停止を余儀なくされています。

 

今回の震災による経済的な損失は計り知れないと言われていますが

ホンダも多分にもれず大きな被害を受けています。

 

ホンダは先日広報担当者から

 

「社運をかけています!」

 

というコメントが飛び出すほど力を入れて作り上げた

アフリカツインというバイクをを発売しました。

 

発売から程なく年間目標販売台数を突破し非常に好調でしたが

今回の震災によって熊本工場は大変な被災状況であり生産休止を

余儀なくされている状態となっています。

 

現地の情報はホンダ内部の人間でも断片的にはしか入ってきていないそうですが、

出荷を待っていた車両は倒れてしまい出荷できない状態になっているそう。

 

更に余震が続いているために立ち入ることができない建物もあるそうで

当初22日まで操業停止の予定が28日まで延期となり、現在も再開の目処が

たっていないそうです。

 

同工場は一日に750台の二輪車を生産しており、国内外に出荷しています。

特に排気量の大きい高級車を生産していることもあり被害額は計り知れません。

 

しかしホンダは震災が起きた翌日の4月15日には

義援金や発電機の提供などによる支援を決定しています。

会社はいち早く支援を決めましたが、

 

私がホンダのスタッフで社内にいたとしたら

まさに目の前が真っ暗になる状態といわざるえません。

 

先日いつもインプレッション用の車両をお願いしている

ホンダの広報担当者に連絡を入れてみたところ

 

「目の前が真っ暗になるような感じです・・・」

 

というメールが帰ってきた。

 

いつもはネガティブな事を言う人ではないことを

私は良く知っている。でも正直やっぱりなと思いました

こんな時だから当たり前のことです。

 

しかし、彼は更にこう重ねました。

 

「お客様にお届けする約束も出来ず迷惑をかけている。

お客様の笑顔がHONDAの力なので、一日も速く笑顔を

いただけるように乗り越えたいと思う。」

 

私も商売をしていますが、目の前が真っ暗の状態で

こんな事を言える自信はありません。

 

ホンダは会社も素晴らしければ、スタッフも素晴らしいですね。

 

ちなみにホンダが熊本の震災に対して行っている支援は

 

義捐金として熊本県に5千万円の寄付
発電機および非常食や飲料水などの提供
熊本県震災エリアの通行可能な道路の参考情報として、Honda「インターナビ」による道路通行実績情報を

「Googleマップ」および「Yahoo!地図」にて一般公開。

 

※ホンダは東日本大震災の際にも翌日には道路通行実績情報を公開していました。

 

首都高の料金2016年四月から値上がりにバイクは据え置き?

昨日久しぶりに車で首都高を利用する機会があり、

羽田から首都高に乗ろうとしたのですが

 

入り口にあったポップに目を奪われました。

 

首都高は4月1日より新料金になり車種区分が5つにわかれます。

 

昨年には発表のあった内容だったようで

家に帰ってウェブで確認すると二輪・四輪系メディアでは

とっくにとりあげられていました。

 

実質値上げの方向性のため各種で批判されていますが、

まぁ道路を維持するのにはお金がかかるのでしょうし、

値上げして高いと感じる人は使わなければよいと思います。

 

ですが、納得がいかないのは軽自動車と二輪車が同じ料金ということ。

 

車やバイクが走れば道路が傷み、維持する為にはお金がかかる。

現在の利用料金では維持できないので値上げします。は理解できます。

 

大きい車が走ればその分道路が傷むので大きい車が走る場合は

料金も割り増しになります。も理解できます。

 

トヨタのプリウスが1400kgぐらい。

スズキのワゴンRは800kgぐらい。

 

600kgも重さが違えば道路の傷み方は変わってくるだろうから

料金が違うのは仕方がないと思います。

 

でもね、、、

 

国産メーカーが販売しているバイクで最も重いであろう

ホンダのゴールドウイングでも400kgしかありません。

 

高速道路を走れる最小排気量で考えればホンダのPCX150は

130kgしかいないし。

 

地方の有料道路とか使っていると原付や二輪車の区分もあって

やたらと安かったりします。

 

地方はできるのになんで都心ではできないんでしょうね。

 

高速道路の値上げ・安全装置装着義務化(ABS)による車両価格の値上げ

厳しい環境基準を受けて燃料噴射装置のコンピューター化やマフラー内部への

高価なキャタライザー装着などによる車両価格の値上げ。

 

車両価格が上がれば若い人の二輪離れは加速していく一方です。

 

ものすごく頭の良い人が国を動かしているのでしょうが、

二輪車販売台数100万台を目標を掲げている国の動きとは思えません。

 

 

 

 

バイクの運転が出来るロボットMOTOBOTはどんな技術革新を生み出すのか?

2015年10月28日 東京モーターショーショーのヤマハブースで

マスコミ向けの発表会が行われました。

 

その日、ホンダ・ヤマハ・スズキ・カワサキの国内四メーカーの発表会

全てに顔を出して見てきましたがヤマハの発表が最もインパクトがありました。

 

私に強烈なインパクトを残したヤマハの発表会。

発表会の中で登場したのがバイクを運転できるロボット

MOTOBOT(モトボットです。)

 

MOTOBOTはサーキットのラップタイムで二輪レースの最高峰

MOTOGPでヤマハのライダーを務めるバレンティーノ・ロッシを

超えることを目標に作られました。

 

まずはその動きをご覧下さい。

この動画は10月28日のヤマハのカンファレンスで発表され

そのあとヤマハのホームページ上でも公開されました。

 

私が28日の夕方にホームページで見た際には再生回数も100回程度でしたが

二日後の現在再生回数は17万回を超えており注目度が高いことが伺えます。

 

「私はあなたを超えるために生まれてきた。。。

親愛なるロッシへ。」

 

という語りからスタートするこの動画。

非常にドラマティックに構成されており、私は非常に感動しました。

 

バイクは両手足に別々の動作が求められる複雑な操作が要求され

曲がるときにはそれに荷重移動の操作が求められます。

 

このような複雑な操作をロボットが制御して行っていることからも

ヤマハの技術力の高さを伺わせます。

 

ヤマハは2015年中には時速100km/hでの走行とスラローム、旋回走行を

実現することを目標に掲げています。

 

MOTOBOTの開発で得た技術を2020年には市販車にフィードバックすることを

目標に掲げているヤマハ。

 

ロッシやMOTOBOTが乗っているようなスーパースポーツバイクにのみ

このフィードバックが反映されるかと言えばそうではありません。

 

四輪では自動運転技術が注目されていますが、

バイクはただの移動手段というよりは趣味性が高いこともあり

MOTOBOTの技術が自動運転技術に発展していくことは恐らくないでしょう。

 

MOTOBOTはあらゆる条件化で走行を繰り返し

膨大な量のデータベースを構築してくはずです。

 

このデータはバイクを制御するコンピューター技術にフィードバックされ

ブレーキシステムであるABSや荒れた路面を感知して空転を防ぐトルクコントロールシステムなどが

更に進化してバイクをより安全に運転できる技術につながるはずです。

 

メーカーは違いますが、ホンダは世界一早いバイクは

世界一操りやすいマシンであると提言しています。

 

もしかしたら世界一操りやすいマシンは、ロボット技術が生み出すのかもしれません。

ワークマンが本気を出したらバイク業界の図式は大きく変わる

私が冬にバイクに乗る為に必ず毎年行く店があります。

いわずと知れた作業着販売店のワークマンです。

 

作業服の小売店でありながらオリジナルの作業着を多数販売する

同社の商品ラインナップは屋外作業者向けに非常に暖かいウエアを

安価で販売しています。

 

バイクウエア専門メーカーが販売するウエアはクオリティは高いのですが、

非常に高価です。しかし、いくら高価なウエアであっても、

毎日通勤で使っていればワンシーズンでかなり状態は悪くなります。

 

特にレインウエアなどは、梅雨のワンシーズン毎日着ていれば

多少は雨がしみてくるようになります。

 

しかしシーズンごとに高価なウエアを買いなおすことは出来ません。

 

そこで私はツーリング用と通勤用のウエアを使い分けるようにしています。

 

通勤用のウエアとして活躍するのがワークマンのウエアです。

バイク専用の設計にはなっていませんが、充分に活躍できるクオリティで

ワンシーズンで履きつぶしたとしても満足の価格帯で販売されています。

 

そんなワークマンが今年ついにバイク用のウエアを10月から販売するという

ニュースが入ってきました。

 

私が知る限り、ワークマンがバイク用ウエアに参入してきたのは

今回が初めてだと思います。

 

しかし、私が毎年購入するビーンブーツなどは暖かく、防水なので

一部の通勤ライダーの中ではとても人気がありました。

 

バイク用として売り出していないのに、一部のライダーには人気があった

ワークマンの本格参入で業界はどのように変わるのか?

 

今回プレスリリースが出されたのは透湿防水素材を採用した上下ウエアで

価格は6800円。

 

例えばオートバイウエア大手のRSタイチで防水透湿素材の上下ウエアを

買おうと思えば最低でも1万8千円程度はかかります。

 

ワークマンで買えば1/3。

 

もちろん長年バイクウエアを開発してきたノウハウなどがつぎ込まれた

専門メーカーのウエアは使い勝手がよい点はあります。

 

しかし前述したとおり、通勤ライダーにとってはウエアは消耗品です。

 

ワークマンが本気でバイク用の靴・レインウエア・ツーリング用品に参入してきたら

業界の図式は大きく変わってしまうかもしれません。

何故バイクのすり抜けはなくならないのか?

いつも御世話になっているオールアバウトが運営しているニュースディグという

媒体の編集部スタッフが高速道路で渋滞にはまっていたところ、

後方の白い車がすり抜け中のバイクに接触されたサイドミラーのカバーが吹っ飛んでいったそうです。

 

このスタッフは突然の事でバイクのナンバーを確認することは出来なかったそうですが

その後もハーレー軍団が当たり前のようにすり抜けしていったそうです。

 

バイクのすり抜け問題はインターネット上でも取り上げられることが多く

議論も過熱することが多い問題です。

 

すり抜けがよい事か?と問われればよい事ではありませんが、

私個人の主観としてはすり抜けする人はいなくならないと思っています。

 

すり抜けした所を白バイに見られた瞬間に青切符を切られるのであれば

すり抜けする人はいなくなるかもしれませんが、現状ではあまり

警察官に取り締まられることもありません。

 

最近自転車の取締りが厳しくなる規制がしかれましたが

実際あまり取り締まられていない為、雨の日に都内を通勤していると

傘を差しながら運転している人を多数見かけますし、信号無視をしている

歩行者や自転車に乗っている方も見かけます。

 

バイクや車は信号無視を殆どしません。

なぜならしているところを警察官に見られた瞬間にとりしまれれるから。

すぐに罰金を徴収させるからです。

 

人間は高尚な動物ではありません。

ただ駄目と言われても自分に不利益がなければやってしまうのです。

 

すり抜けだってそうです。すり抜けしていく事で通勤時間が短くなる

目的地への所要時間が短くなるというメリットはあるものの、取り締まれるリスクは低い。

そのため危険とわかっていながらもやってしまう人が多いんです。

 

ちなみにバイクがすり抜けしていると、わざと幅寄せしてすり抜け

出来ないようにする車のドライバーもいますが、過去の判例から

すり抜けしてきたバイクを車をがひっかけてしまうと車の過失割合が

大きくなってしまうことが多いようです。おすすめできない行動です。

 

すり抜けは駄目!危ない!格好が悪い!

と声だかに叫んだところでなくならない。

 

この国の法律が根本的に変わらない限りは

バイクのすり抜けの現状が変わる事はなさそうです。

災害時における自治体ウェブサイトの脆弱性

「避難勧告が出たみたいなんだけど、どこに避難すればいいのかなぁ?」

 

子供二人と家に居た妻から連絡が来ました。

 

9月9日首都圏に大雨が降りあちこちに避難勧告が発令されました。

タブレットや携帯電話に避難勧告の連絡が届いた人も多かったはずです。

 

私の自宅がある神奈川県川崎市の一部市区町村にも避難勧告が発令されました。

 

ちなみに避難勧告とは

 

災害対策基本法に基づき、災害発生の恐れのある場合に市町村長が出す避難の勧め。

さらに状況が切迫した場合、災害が発生して残っている人がいる場合には「避難指示」になる。

 

小学館 デジタル大辞泉より引用

 

避難勧告の定義自体を知っている人も少なかったようで

私の近所でも多少混乱があったようです。

 

普段から防災意識が高い人であれば避難勧告の定義や

避難指示の定義もご存知でしょうし、避難場所もわかると思います。

 

ですが、実際には自分の地元で災害が起こるなんて

思っても居ない人が大半ではないでしょうか?

 

避難勧告が出た際に避難場所がわからずに

自治体のホームページにアクセスしたユーザーも多いと思います。

 

実際に私が暮らす川崎市のウェブサイトは一時サーバーがダウンしてしまうほど

沢山の人がアクセスしたようです。

 

ほとんどのユーザーは普段からアクセスするSNSやお気に入りのホームページと違い

自治体のホームページを見ることは稀だと思います。

 

しかし、災害などが起こった時などはアクセスが集中します。

 

ブログの炎上騒ぎなどとは比較にならないぐらい普段と災害時の

アクセス数に差が発生してしまう為、今回のように災害時に大切な情報を

自治体ホームページで閲覧できないという事態に発展してしまうのです。

 

もちろん、私たちが自分達を守る為に日常的に災害時の備えをしておくことは大事ですが、

自治体には災害時などにも安定して情報を提供出来るように備えておいてもらいたいものです。

 

ちなみに今回川崎市は避難勧告をエリアメールという形で配信しました。

対象エリアにいる人間の携帯端末に情報を配信するサービスです。

 

 

「避難勧告が出ています。詳細はホームページで確認してください」

 

川崎市は上記のようにエリアメールでユーザーに配信しましたが、

予想以上にアクセスが集中してしまいサーバーダウンという自体になったようです。

 

 

ツイッターでは、

 

 

「川崎市のホームページ 激重で見れない!」

 

「川崎市は災害情報の周知方法、ホームページの作りなど様々な状況や環境の方に配慮していない」

 

「うちの地域が当てはまるか見たいのに見れない」

 

 

などのツィートが多数投稿されました。

 

こういった時はヤフーなどのポータルサイトにも情報が掲載されますので参考にしてみてください。

 

お盆休みに出没する公道をサーキット化する大人達

お盆休みに入り帰省している人もいらっしゃるのではないでしょうか?

私も先日娘を連れて神奈川県の自宅から伊豆の実家に帰省しました。

 

お盆の帰省ラッシュピーク日ではなかったものの、予想通り東名高速道路は

横浜町田インター付近から厚木まで混雑していました。

 

伊豆に行く最短経路は厚木から小田原厚木道路を抜けて真鶴道路を通るのが一般的です。

 

しかし、この時期は真鶴道路を含めて海沿いの道は大変混雑するので、小田原からターンパイクを

に乗り椿ラインを経由して伊豆スカイラインで亀石峠に抜けるルートがあります。

 

ただしこのルートは高低差があり、尚且つ曲がりくねった道が続き

側溝には蓋がついていない為、脱輪してしまえば自力では脱出できません。

実際、実家から帰ってくる時に脱輪してJAFを呼んでいる方を見かけました。

 

更に海沿いのルートを行くよりもかなり遠回りで通行料金も高い為

一般的な人はあまり使わないルートです。

 

車の往来が少なく、曲がりくねった道が続くとなると現れるのが

公道をサーキット化する大人達です。

 

以前から伊豆スカイラインではバイク事故が多く問題になっており

二輪車通行禁止案が浮上していることはブログでもお伝えしています。

 

しかし前述したルート内は全線で「サーキット化」している大人が見受けられます。

 

箱根ターンパイクで恐ろしい勢いで反対車線を

轟音と共に駆け抜けていったAUDI2台。

 

椿ライン走行中にピッタリと後ろに張り付き散々煽ってきた挙句に

強引な追越をしていったマツダの新型ロードスター。

 

更に強烈な加速でターンパイクで強引な追越を仕掛けてきた

カワサキ ニンジャH2。

 

以前にも高級車に乗る人に走行モラルの悪さを感じることが多い事をしてきましたが

今回もターンパイク→伊豆スカイラインで同じような印象を受けました。

 

お盆に出かけると渋滞にはまることが多いと思います。

今は抜け道をインターネット等で探すことも出来る時代です。

 

しかしターンパイクや伊豆スカイラインのように曲がりくねった

比較的空いている道には公道をサーキット化し、一般の人の迷惑を顧みない

高級車乗りが出没します。

 

伊豆スカイラインはゆっくり走行すれば景色が非常にきれいで

良い道なのですが、走行性能の高い高級車に煽られれば気分は台無しです。

 

まだまだお盆序盤ですが、抜け道の選択肢に山道を選択すると

折角のホリデー気分を台無しにされちゃうかもしれません。

バイクに乗っていて熱中症で死にそうになったので冷静に分析してみた。

「あぁぁ、何でこんな事に。。。。」

 

今から三日前の朝8時20分頃の私の心境です

 

自宅を出て40分後。突然手足がしびれてきて平衡感覚が

おかしくなった為、危険を感じてバイクを降りて路肩に駐車しました。

 

たまたま臨海トンネルの出口で停車した為、トンネル管理の方が

経口保水液をくれてクーラーの効いた車の中で休ませてくれました。

 

仲間に連絡して、軽トラックで迎えに来てもらいバイクを積んで

そのまま病院に連れて行ってもらいました。

 

血液検査と尿検査の結果、熱中症だったようです。

 

その後、三日間ほど療養。回復して電車で通勤出来る程度にはなりました。

 

毎年この時期になると熱中症の話題が出てきますが私自身はおろか

周りの人間も熱中症になったことがありませんでした。

 

その為、熱中症なんて高齢者や子供がかかるものだと思っていて

どこか人事だとおもっていました。

 

この記事を読んでいるあなたもそう思っている一人かもしれません。

 

診断してくれたお医者さん曰く熱中症は、、、

 

「環境と体の状態が引き起こすもの」だそうです。

 

じゃあ、私は何故熱中症を発症したのか?

気になった生活習慣を考えてみました。

 

■子供を二人お風呂に入れているので、結果的に入浴時間が長くなっていた。

 

入浴すると10分ぐらいで500ml程度の汗をかくそうです。

汗をかくことで塩分と水分の両方を失っていく為、入浴後には

しっかりと水分の補給が必要です。

 

■最近暑かったのでビールの量が増えていた

 

毎晩晩酌するのが習慣なのですが、最近暑かった為

ビールを飲む量が増えていました。

 

ビールには利尿作用がある為、結果的に水分補給にならず

むしろ体から水分が失われます。

 

お風呂上りにビールは美味しいですが、同時に水分補給しないと

熱中症などの原因になります。

 

■職場でも自宅でもカフェインの摂取が増えていた

 

職場の冷蔵庫には喉が渇いたときの為に緑茶のペットボトルを

入れていました。それも「濃い緑茶」です。

 

自宅でも職場でもコーヒーが好きなので、一日に何杯も

コーヒーを飲んでいました。

 

緑茶やコーヒーに含まれるカフェインには利尿作用がある為

水分補給には適していません。

 

■朝ごはんを抜いていた

 

朝ごはんを食べ過ぎると、バイクを運転している際に

眠くなってしまうことがあった為、朝ごはんは抜いて

職場についてからパンをかじったりしていました。

 

朝起きた状態はエネルギーが空に近い状態。

その状態で無理をすれば体に大きな負担がかかります。

 

ちょっと考えるだけでも熱中症になりやすい習慣がこれだけありました。

 

私を診断してくれた医師曰く、この時期特に大切なのは

朝ごはんなのだそうです。

 

適度な塩分と水分を同時に摂取できるお味噌汁。

空っぽのエネルギーをチャージするご飯やパンなどの

炭水化物などを摂取することで熱中症の予防にもなります。

 

今回すぐに思い浮かんだ4つの週間は

私のように30代男性であれば、当てはまる人も多いはず。

 

初めて熱中症になって感じたのは、

 

事前に体に感じる自覚症状はあまりないということ。

突然症状が襲い掛かってくるのです。

 

その為、バイクや車を運転している最中であれば

運転操作を誤って事故を起こしてしまう可能性もあります。

 

35年間生きてきて初めて熱中症になりました。

あなたも過信していると、明日熱中症になるかもしれません。

プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報