バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

ビックスクーターは未来の乗り物となる可能性がある

バーグマン フューエルセル
マジェスティ

マジェスティ

 

残念ながらビックスクーターというとあまり良いイメージがない。

それは2000年代に過度なカスタムブームが巻き起こった事が要因といえる。

 

お世辞にも上品とは言えないカスタムが施された車両が街中を走り

しかも爆音のマフラーを装着していたものだから、一般の人の印象が

悪いのは当たり前だ。

 

カスタムブームは2000年代終盤に終了し、現在では荷物を沢山つめる

便利な乗り物として一部のユーザーに人気を支えられている。

 

カスタムブーム最前線の頃は人気に後押しされ、装備はどんどん豪華になっていった。

 

しかし、ここ最近はビッグスクーターの形も原点回帰していっている印象がある。

ホンダのFORZA Siやスズキのバーグマン200がそれだ。

 

オーディオや電子制御による走行モードの切り替えなどはないものの

走行性能自体はアップしている。

 

このバーグマン200が今回の話の主役だ。

 

バーグマン フューエルセル

バーグマン フューエルセル

 

スズキ株式会社は、車両型式等認定を受けた燃料電池二輪車「バーグマン フューエルセル」でナンバープレート(車両番号票)を取得し、公道走行を開始する。

 

3月21日スズキから上記のようなプレスリリースが送られてきた。

 

燃料タンクは700気圧の圧縮水素で加速時のアシストなどにリアホイールに

内蔵しているモーターを使ったハイブリッドシステムを搭載している。

 

 

車と違って二輪車はレイアウト上余裕がない。

そのため荷物を入れるスペースすら確保されていない。

 

トリシティ

トリシティ

 

欧州ではフロント二輪のスクーターにハイブリットシステムを

採用しているモデルがあり、ハイブリットシステムを採用した

モデルが出るとしたらヤマハのトリシティが筆頭になるのでは

ないかと考えていた。

 

しかし考えてみたら、ビッグスクーターはシート下に

荷物を入れる大きなラゲッジスペースを確保している。

 

このスペースを使えば確かにハイブリッドのシステムは

実現可能なように思う。

 

2017年2月22日には小池都知事が

 

「バイクはエコな乗り物」と発言した。

 

私は毎日バイクで通勤しているが、通勤時間帯に車に乗っている

人は大体が「一人乗り」だ。

 

車通勤している人がバイクにするだけで渋滞は解消され

排気ガスの排出量は大幅に削減されるだろう。

 

ブームの前は荷物が沢山入ってギアの操作がないので

運転が簡単な乗り物として人気だったビックスクーター。

 

バイクは元々エコな乗り物だが、更にもう一つ先の姿を見せた

スズキのバーグマンフューエルセル。

 

「東京オリンピック成功のためにはバイクにも人肌縫いでもらわなければいけない。」

 

とも語っていた小池知事。

 

混雑した都内を走るコミューターとして

エコなビッグスクーターが活躍する未来もあるのかもしれない。

プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報