バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

ライダーに優しい!ホンダが立ちゴケしない新技術を発表!

ライディングアシストコンセプト

ライディングアシストコンセプト

 

米国ネバダ州ラスベガスで開催されている家電見本市CES2017で

ホンダがライディングアシストを発表しました。

 

ホンダのASIMOに代表されるロボット技術を二輪車に応用した

世界初公開の実験車両だそうです。

 

youtubeのホンダ公式アカウントに動画がアップされていましたので

まずはその動きをご覧下さい。

 

 

ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立することができるという同車。

極低速時のふらつきなどによる転倒のリスクを防ぐ素晴らしい技術です。

 

 

私も広報車などをお借りする際は転倒などのリスクを考えて

ユーターンする際はバイクから降りてしたりしますが

この技術があればそういったリスクもなさそうです。

 

加えて動画を見ていくと女性の後をついていくような動作も見せています。

重いバイクを取り回すのは大変ですが、この技術が確立すれば取り回しが

必要なくなってしまうかもしれません。

 

ブレーキのロックを防ぐABSやタイヤの空転を防ぐ

トルクコントロール。

 

クラッチ操作やエンジンブレーキの効きすぎを制御する

アシスト&スリッパークラッチなどバイクを電子制御する

技術がどんどん進んでいます。

 

スズキ SV650

スズキ SV650

 

近年ではスズキがリリースしたSV650にはローRPMアシストが

装備されています。

 

これは発信時や極低速時などにエンジンの回転数をわずかに上げて

エンストのリスクを減らしてくれるもの。

 

特に大型バイクは転倒時に自重によるダメージが大きいため

こういった技術はありがたいですね。

 

ちなみに今回発表された実験車

 

発表された実験車

発表された実験車

 

NC750S

NC750S

 

ベースエンジンとフレームはNCシリーズのものを

流用しているようですね。

 

NCシリーズと言えばホンダがデュアルクラッチトランスミッションを

最初に導入したバイク。

 

大雑把に言えばオートマ感覚で乗れるデュアルクラッチトランスミッションと

今回のライディングアシストが組み合わせればライダーのミスによる立ちゴケや

極低速時の転倒は完全に防ぐことができそうです。

 

バイクは体重移動も含めて操作するのが楽しい魅力もありますが

操作ミスによる転倒のリスクを減らしてくれる技術はありがたいですね。

 

現在ホンダの採用ページを見てみると、

制御系のエンジニアの募集が多くなっています。

 

これからの時代はバイクや車の走行性能が高いのは当たり前。

加えて電子制御技術によってどれだけ快適に乗れるのか?が問われる

時代になってくるのかもしれません。

 

 

 

 

相変わらずマナーの悪いドライバーが多い伊豆スカイライン

気持ち良く走れる道は高性能バイクや車の暴走行為が目立つ。

定期的に話題にしている伊豆スカイライン。

 

実家が静岡県伊東市にあることもあり、帰省する際には

必ず使用している道です。

 

海沿いの135号は一車線区間が大半を締めており

連休などは東京、横浜方面から伊豆に向かう人で渋滞します。

 

そこで遠回りだけれど混まないのが箱根新道やターンパイク経由で

山の上の伊豆スカイラインを使って亀石峠の方まで抜けるルートです。

 

道自体は素晴らしく、風光明媚な景色が広がっています。

 

つづら折れの急カーブが続く箱根新道などと違って

ゆるいカーブが続いている道なのでとても走りやすい道です。

 

しかし冒頭でも書いたように

気持ちよく走れる道は暴走行為が目立つ傾向があります。

 

ターンパイク上の大観山パーキングや

伊豆スカイライン途中の十国峠パーキングには

ピカピカの高性能バイクや車が並びます。

 

ツーリングやドライブで走っても楽しく走れる道だと思いますが、

相変わらずこの道ではハイパワーな高級車が暴走する傾向にあるようです。

 

今回もブラインドコーナーを越えた後の長めのストレートに差し掛かった場面で

正面からすごいスピードでこちらに迫ってくるアウディに遭遇しました。

 

一瞬何が起こったのかわからなかったのですが、

追い越しを仕掛けるために逆車線に出て加速してきていたようです。

 

今回は偶然にもマナーの悪いバイクにであることはありませんでしたが

以前からバイクの事故が多く通行禁止案も浮上している路線です。

 

地元の警察も取締りにかなり力を入れてくれているようですが

未だに路上をサーキット化している方が多く見受けられます。

 

車で言えばランボルギーニやポルシェ

バイクで言えばカワサキ ニンジャH2やヤマハ YZF R1など

 

街中ではあまり見かけない高級車や高級バイクも

ターンパイクや伊豆スカイラインでは見かけます。

 

ですが、残念な走り方をしている方が多くがっかりします。

 

三ない運動が完全に撤廃され、免許の取得率が上がっている自治体もあるようです。

ニンジャH2やYZF-R1はバイクを知らない知人が見ても格好良いといわれるバイクです。

 

そんなバイクが路上で格好の悪い運転をして二輪のイメージを下げるのはやめてください。

 

フェラーリやランボルギーニは山道に限らず

街中でも暴走車が目立ちます。

 

周りから見たら格好の良いスポーツカーが格好良く走っているではなく

派手なスポーツカーが無茶な運転して周りに迷惑をかけている

 

と思われていることを自覚しているのでしょうか?

 

安心して子供達を連れて実家に帰れる日は来るのでしょうか?

 

プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報