バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

ミラノショー【EICMA】2016 ホンダ出店概要まとめ

11月8日にプレスデーが行われている

ミラノーショー2016。

 

国内メーカーも海外向けモデルを含めて

新しいモデルを複数発表しています。

 

この記事ではホンダの出店概要をまとめています。

 

市販予定モデル

 

X-ADV

x-adv

x-adv

 

インテグラでも採用されていた745cc直列二気筒エンジンとデュアルクラッチ

トランスミッションを標準装備した新しいジャンルのモーターサイクル。

 

オフロードテイストを加えたアドベンチャースクーターといった感じでしょうか?

 

前後サスペンションのストロークも長く乗り心地も良さそう。

 

CRF250RALLY

 

CRF250RALLY

CRF250RALLY

 

オフロードのワークスマシンCRF450RALLYの

スタイルを踏襲した250ccオフロードバイク。

 

既に販売しているCRF250Lの上級グレードオフロードバイクと

いった位置づけでしょうか。

 

ヘッドライトには最近流行のLEDを採用するなど

装備面の充実も図られています。

 

シート高もCRF250Lと比べて高くなっているそう。

町乗りだとシート高高いとしんどいんだよなぁ。。。

 

CBR1000RR Fireblade

 

cbr1000rr Fireblade

cbr1000rr Fireblade

 

10月のインターモトで発表された CBR1000RR Firebladeの

ベースモデル。先にハイグレードバージョンを発表してベースモデルを

後から発表した形となりました。

 

ヤマハのYZF R1、カワサキのニンジャZX-10R、スズキのGSX-R1000

各社のスーパースポーツもリリース、もしくはモデルチェンジが発表されています。

 

やっぱりスーパースポーツモデルは各社が競って欲しい!

 

今までは国内向けCBR1000RRは日本の規制に合わせて

大幅にデチューンされていましたが、今回のモデルはどうなるか?

 

CBR650F CB650F

 

cbr650f

cbr650f

cb650f

cb650f

 

マイナーチェンジが発表されたCBR650FとCB650F

エンジンと吸排気が見直されたことで最高出力が向上したとのこと。

 

以前試乗した際にはエンジンの特性とか足回りは

すごく良かった印象があるのですが、

 

スロットルの空けはじめのレスポンスが気になる感じがあり

このあたりはFiやCPUのセッティングだと思います。

 

今回のマイナーチェンジで改善されていることを期待しています。

 

SH125,SH150

 

sh125

sh125

 

日本ではSH modeの名前で販売されていたSHシリーズ。

 

ヘッドライトとテールにLEDを採用してデザインが変更されると共に

EURO4に適合する環境基準を実現したとの事。

 

日本ではあまり受け入れられませんでしたが

ベトナムなどのアセアン地域やヨーロッパでは人気のようです。

 

 

Vision

vision110

vision110

 

日本ではディオ110として販売されている

visionがモデルチェンジされるようです。

 

ということはディオ110も恐らくモデルチェンジされますね。

 

日本ではPCXやリードほど人気がありません。

 

しかし海外では110ccスクーターは安価で購入しやすいモデルとして

浸透しているため、かなり販売台数が多いようです。

 

先日新型の空冷エンジンを搭載するなどモデルチェンジしたばかりですが

人気のモデルほどモデルチェンジ、マイナーチェンジが頻繁に行われる傾向があります。

 

来年にはディオ110もモデルチェンジかもしれませんね。

 

 

コンセプトモデル

 

 

CB1100TR CONCEPT

cb1100trコンセプト

cb1100trコンセプト

 

CB1100をベースにフラットトラックレースをイメージしたという

コンセプトモデル。

 

CB1100をベースにしたコンセプトモデルは今までも

色々な形で発表されてきました。

 

今回のコンセプトモデルが一番大胆なモデルと言えますね。

 

レースをイメージしたモデルという事で保安部品も装着されて

いませんがこういうコンセプトで是非市販車を作って欲しいですね。

 

AFRICA TWIN ENDURO SPORTS CONCEPT

 

africatwin enduro concept

africatwin enduro concept

 

アドベンチャーモデルのアフリカツインをベースに

CRFシリーズの軽量パーツを装着して軽快でスポーティーに仕上げています。

 

アフリカツインを更にオフロード色を強くしたようなこのモデル

 

この仕様を求めているユーザーも多いはず。

 

私の場合は大排気量車両で林道などを走ることはしないので

私のライフスタイルだとこの仕様はあわないかな。

 

アフリカツインのコンセプトモデルは色々な形で試して欲しいですね!

 

 

以上2016年ミラノショー ホンダ出店概要まとめでした。

 

プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報