バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

デリバリー再開!ホンダ熊本工場が本格的復旧へ

ここ数日、たまたまかもしれませんがホンダのアフリカツインを

目にする機会がありました。

 

crf1000L アフリカツイン

crf1000L アフリカツイン

 

 

 

アフリカツインは発表と同時に沢山の受注を受けていたはずですが、

その直後に熊本工場が被災。

 

出荷待ち状態だった車両もなぎ倒されてしまい、デリバリーがストップしました。

 

ホンダはバイクの生産拠点を熊本工場一拠点に絞り込んでおり、被災したことにより

新車バイクの生産が完全にストップすることになりました。

 

熊本地震が起こった4月14日の夜から操業がストップ。

5月6日から海外生産拠点への部品供給がスタート。

 

6月6日からは原付など一部のモデルの清算をスタートさせていましたが、

大型バイクの生産などは行われていませんでした。

 

新車がデリバリーストップしてしまった影響は大きく

 

近くのバイク屋さんに話を聞いてみたところ、特に商業車両である

ジャイロXやジャイロキャノピーの中古価格が高騰しており、

仕事でバイクを使っている業者さんの影響は計り知れないとの事でした。

 

しかし被災から4ヶ月。

 

ホンダによると8月22日には被災以前の通常操業状態まで復旧したとのことです。

ついにデリバリーが再開される大人気車種のアフリカツイン。

 

そして車の方は8月25日からスーパーカー「NSX」の注文受付を開始しました。

 

東京では熊本地震の報道がほとんどされていませんが、

現地では今も復興・支援が必要な状態と聞きます。

 

ホンダは熊本地震復興の旗印となれるか?

今後CBR250RRなど注目の車両のリリースも控えていますので

期待したいところです。

2016年 819の日【バイクの日】関連イベントまとめ

今年も8月19日がやってきます。

8月19日はバイクの日。

 

各地でライダー向けのイベントが開催されます。

そこで今日はバイクの日に開催されるイベントをまとめてみました。

 


 

 

WebikeCAFE Meeting

 

webikecafe

webikecafe

 

今年のバイクの日は金曜日!

なので、

 

webike cafe meetingは翌日の20日土曜日にずらしてきました!要注意!

 

場所は関東圏に住んでいればツーリングコースにも使いやすい

MAZDAターンパイク箱根の大観山パーキングです。

 

 

今回もメーカー各社による新製品、デモ車両の展示のほか、アウトレットなど特価商品の販売、

車両メーカーによる公道試乗会、豪華賞品があたるスペシャルイベントなど、盛りだくさんの内容です。

 

 

なんとメーカーの試乗会もあるそう。

あのあたりの道路は走りやすいので試乗にもよさそうですね!

 

 

webike cafe meetingのホームページはこちらです。

 

 


 

バイクの日スマイル・オン2016

 

スマイル・オン2016

スマイル・オン2016

バイクの日スマイル・オン2016は翌々日の日曜日にずらしてきました!要注意!

 

当日は、バイクの日一日親善大使に元レーシングライダーの中野真矢氏を任命。

秋葉原の中央通りにて警視庁・女性白バイ隊の先導で女性ライダー数十名による

「交通安全パレード」を実施する他、警視庁「交通安全ステージ」ではゲストに

タレントの水野裕子さんを迎えクイーンスターズとピーポ君と共に安全運転知識などを紹介。

 

さらにアニメ「ばくおん!!」声優等によるトークショーや「女性ライダーミーティング」にて

二輪車の楽しさ・魅力を紹介。また、

くまモンによる「熊本地震復興応援ステージ」や、最新のバイク車両展示など、

様々な企画の実施を予定しております。

 

こちらのイベントは豪華ゲストが魅力的ですね。

二輪協会や自動車工業会が主催しているだけあり

規模もかなり大きめ!

 

今年は特にアニメ ばくおん!!の効果は非常に大きく

ばくおん!!キャラクターを表紙にすると雑誌の売上げが

かなり変わってくるそうです。

 

ちなみに私はアマゾンプライム会員ですが、プライムビデオで

ばくおん!!を視聴することができます。【8月16日現在】

 

プレスリリースは流れていたようですが、ホームページ等がないようです。

折角大きなイベントなのでチラシやリリースだけなく公式ホームページがほしいところですね。

 


 

 

バイクのふるさと浜松2016

 

バイクのふるさと浜松2016

バイクのふるさと浜松2016

 

こちらのイベントは二日間。

8月20日と21日に行われます。

 

仮面ライダーゴーストショーや

親子バイクスクールのようなお子さんのためのイベントや

 

トライアルデモンストレーションや

アイドル、コスプレイヤーのトークショー

 

さらにはトライアルのデモンストレーションや

MOTO GPマシンの展示など盛り沢山!

 

 

老若男女楽しめるイベントになっています。

土日両方やっているのも嬉しいですね!

 

バイクのふるさと浜松のホームページはこちら

 


 

 

大型のイベントはこのぐらいですが、

バイク用品店も独自にイベントを開催したりするようです。

 

 

例えばナップスは8月19日には819円以上お買い上げのお客様に

なっぷるオリジナルステッカーをプレゼントするみたいですよ!

 

週末はツーリングの目的地にバイクの日イベント会場を

目指してはいかがでしょうか?

 

ヤマハ・女性向け125ccスクーター JANUSをベトナムリリース!

日本でもだしてほしい!女性向け125ccスクーター JANUS

 

Janus ブルー

Janus ブルー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマハ発動機株式会社は、陶磁器の艶感をイメージしたデザインの軽量ボディに、
走りと燃費・環境性能を両立する“BLUE CORE”エンジンを搭載した女性向け125cc
スクーターの新製品「Janus」を2016年8月中旬からベトナムで発売します。

 

 

ヤマハから上記リリースが発表されました。

 

 

50ccクラスにはヤマハのビーノやジョルノなど

女性向けデザインの車両が揃っています。

 

しかし日常の足として販売台数を伸ばしている原付2種クラスには

女性向けのデザインの125ccは日本では販売されていません。

 

 

jog sweet

jog sweet

 

 

日本よりも日常の足として原付が使われている台湾には

JOG SWEETが販売されいます。

 

 

Fino

Fino

 

 

タイヤマハでもお洒落なデザインが目を引くFinoが販売されています。

 

タイやベトナムは日本よりも圧倒的にバイクが売れているので

原付2種クラスだけ見ても日本よりも種類があります。

 

しかしそれでも女性向けといえるデザインの車両はごく一部です。

 

私は毎日バイクか車で通勤していますが、

ふとバイクで通勤している人を見てみると大半は男性という印象があります。

 

最近女性に人気なのは免許のいらない電動アシスト自転車ですね。

 

日本で更に原付2種のユーザー層を広げようとするのであれば

法整備から考えなければいけないと思います。

 

しかし女性がこれから原付2種を購入しようと考えたときに

女性向けデザインの車両が販売されてないというのは困ったものです。

 

ちなみに前述した

 

JANUS、FINO、JOG SWEETは全て

ブルーコアエンジン搭載車両です。

 

ヤマハが燃費・環境性能・動力性能を兼ね備えた

次世代エンジンとして発表したブルーコアエンジンは

日本でもNMAXに搭載されています。

 

環境基準は厳しくなる一方ですが、

日本でも販売されているスクーターに搭載されている

エンジンを採用した車両であれば基準値をクリアできる

可能性は限りなく高いはず。

 

逆輸入ではなく、日本のヤマハが正式に女性向け車両をリリースしてほしいものです。

 

CBR250RRもいいけどSV650もかなり良いと思う

バイク業界が今最も注目しているのは

ホンダのCBR250RR。

 

カワサキのニンジャ250Rのリリースをきっかけに

250ccフルカウルブームが始まりました。

 

ホンダは単気筒なのに恐ろしく高回転まで回るCBR250Rをリリースし

ヤマハは250ccフルカウル車両の中で最も高出力なエンジンを搭載した

YZF-R25をリリースしました。

 

現在はYZF-R25が人気ですが、ここにきてホンダもスペック重視の

250ccフルカウルスポーツをリリースしてきました。

 

250ccクラスは台数も売れるので注目されて当然なのですが、

ほとんど同じタイミングで発表されたSV650の国内販売は個人的には

もっと注目されても良いと思う。

 

スズキ SV650

スズキ SV650

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までは大型免許を持っているなら700ccとか800ccといった中途半端な排気量よりも

1000ccオーバーのリッターバイクが好まれる傾向がありましたが、バイクユーザーの

年齢層が高くなるにつれ、「調度良い」排気量のバイクも好まれるようになってきました。

 

ホンダのNCシリーズやヤマハのMTシリーズなど大型バイクだけど扱いやすくて

価格も安いというポイントがユーザーに受け入れられ大人気となりました。

 

今はこの排気量のクラスで言えば、ヤマハのMTシリーズが人気ですが、

このクラスに新しい選択肢が生まれるのは嬉しいところです。

 

SV650のエンジンはV型二気筒

SV650のエンジンはV型二気筒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライバルはやっぱりヤマハのMT-07。

 

スペックだけ見ると、MT-07は73馬力 182kg【ABS付】

SV650は76.1馬力 196kg【ABS付】

 

燃費はちょっとだけMT-07の方が優れてるようです。

 

価格はMT-07が74万9520円

SV650は73万8720円

 

スペックや価格だけ見比べると充分にライバルと言える二台。

 

SV650の販売開始は8月11日からということ。

試乗が楽しみな一台です。

プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報