バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

バイクの運転が出来るロボットMOTOBOTはどんな技術革新を生み出すのか?

2015年10月28日 東京モーターショーショーのヤマハブースで

マスコミ向けの発表会が行われました。

 

その日、ホンダ・ヤマハ・スズキ・カワサキの国内四メーカーの発表会

全てに顔を出して見てきましたがヤマハの発表が最もインパクトがありました。

 

私に強烈なインパクトを残したヤマハの発表会。

発表会の中で登場したのがバイクを運転できるロボット

MOTOBOT(モトボットです。)

 

MOTOBOTはサーキットのラップタイムで二輪レースの最高峰

MOTOGPでヤマハのライダーを務めるバレンティーノ・ロッシを

超えることを目標に作られました。

 

まずはその動きをご覧下さい。

この動画は10月28日のヤマハのカンファレンスで発表され

そのあとヤマハのホームページ上でも公開されました。

 

私が28日の夕方にホームページで見た際には再生回数も100回程度でしたが

二日後の現在再生回数は17万回を超えており注目度が高いことが伺えます。

 

「私はあなたを超えるために生まれてきた。。。

親愛なるロッシへ。」

 

という語りからスタートするこの動画。

非常にドラマティックに構成されており、私は非常に感動しました。

 

バイクは両手足に別々の動作が求められる複雑な操作が要求され

曲がるときにはそれに荷重移動の操作が求められます。

 

このような複雑な操作をロボットが制御して行っていることからも

ヤマハの技術力の高さを伺わせます。

 

ヤマハは2015年中には時速100km/hでの走行とスラローム、旋回走行を

実現することを目標に掲げています。

 

MOTOBOTの開発で得た技術を2020年には市販車にフィードバックすることを

目標に掲げているヤマハ。

 

ロッシやMOTOBOTが乗っているようなスーパースポーツバイクにのみ

このフィードバックが反映されるかと言えばそうではありません。

 

四輪では自動運転技術が注目されていますが、

バイクはただの移動手段というよりは趣味性が高いこともあり

MOTOBOTの技術が自動運転技術に発展していくことは恐らくないでしょう。

 

MOTOBOTはあらゆる条件化で走行を繰り返し

膨大な量のデータベースを構築してくはずです。

 

このデータはバイクを制御するコンピューター技術にフィードバックされ

ブレーキシステムであるABSや荒れた路面を感知して空転を防ぐトルクコントロールシステムなどが

更に進化してバイクをより安全に運転できる技術につながるはずです。

 

メーカーは違いますが、ホンダは世界一早いバイクは

世界一操りやすいマシンであると提言しています。

 

もしかしたら世界一操りやすいマシンは、ロボット技術が生み出すのかもしれません。

プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報