バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

お盆休みに出没する公道をサーキット化する大人達

お盆休みに入り帰省している人もいらっしゃるのではないでしょうか?

私も先日娘を連れて神奈川県の自宅から伊豆の実家に帰省しました。

 

お盆の帰省ラッシュピーク日ではなかったものの、予想通り東名高速道路は

横浜町田インター付近から厚木まで混雑していました。

 

伊豆に行く最短経路は厚木から小田原厚木道路を抜けて真鶴道路を通るのが一般的です。

 

しかし、この時期は真鶴道路を含めて海沿いの道は大変混雑するので、小田原からターンパイクを

に乗り椿ラインを経由して伊豆スカイラインで亀石峠に抜けるルートがあります。

 

ただしこのルートは高低差があり、尚且つ曲がりくねった道が続き

側溝には蓋がついていない為、脱輪してしまえば自力では脱出できません。

実際、実家から帰ってくる時に脱輪してJAFを呼んでいる方を見かけました。

 

更に海沿いのルートを行くよりもかなり遠回りで通行料金も高い為

一般的な人はあまり使わないルートです。

 

車の往来が少なく、曲がりくねった道が続くとなると現れるのが

公道をサーキット化する大人達です。

 

以前から伊豆スカイラインではバイク事故が多く問題になっており

二輪車通行禁止案が浮上していることはブログでもお伝えしています。

 

しかし前述したルート内は全線で「サーキット化」している大人が見受けられます。

 

箱根ターンパイクで恐ろしい勢いで反対車線を

轟音と共に駆け抜けていったAUDI2台。

 

椿ライン走行中にピッタリと後ろに張り付き散々煽ってきた挙句に

強引な追越をしていったマツダの新型ロードスター。

 

更に強烈な加速でターンパイクで強引な追越を仕掛けてきた

カワサキ ニンジャH2。

 

以前にも高級車に乗る人に走行モラルの悪さを感じることが多い事をしてきましたが

今回もターンパイク→伊豆スカイラインで同じような印象を受けました。

 

お盆に出かけると渋滞にはまることが多いと思います。

今は抜け道をインターネット等で探すことも出来る時代です。

 

しかしターンパイクや伊豆スカイラインのように曲がりくねった

比較的空いている道には公道をサーキット化し、一般の人の迷惑を顧みない

高級車乗りが出没します。

 

伊豆スカイラインはゆっくり走行すれば景色が非常にきれいで

良い道なのですが、走行性能の高い高級車に煽られれば気分は台無しです。

 

まだまだお盆序盤ですが、抜け道の選択肢に山道を選択すると

折角のホリデー気分を台無しにされちゃうかもしれません。

バイクに乗っていて熱中症で死にそうになったので冷静に分析してみた。

「あぁぁ、何でこんな事に。。。。」

 

今から三日前の朝8時20分頃の私の心境です

 

自宅を出て40分後。突然手足がしびれてきて平衡感覚が

おかしくなった為、危険を感じてバイクを降りて路肩に駐車しました。

 

たまたま臨海トンネルの出口で停車した為、トンネル管理の方が

経口保水液をくれてクーラーの効いた車の中で休ませてくれました。

 

仲間に連絡して、軽トラックで迎えに来てもらいバイクを積んで

そのまま病院に連れて行ってもらいました。

 

血液検査と尿検査の結果、熱中症だったようです。

 

その後、三日間ほど療養。回復して電車で通勤出来る程度にはなりました。

 

毎年この時期になると熱中症の話題が出てきますが私自身はおろか

周りの人間も熱中症になったことがありませんでした。

 

その為、熱中症なんて高齢者や子供がかかるものだと思っていて

どこか人事だとおもっていました。

 

この記事を読んでいるあなたもそう思っている一人かもしれません。

 

診断してくれたお医者さん曰く熱中症は、、、

 

「環境と体の状態が引き起こすもの」だそうです。

 

じゃあ、私は何故熱中症を発症したのか?

気になった生活習慣を考えてみました。

 

■子供を二人お風呂に入れているので、結果的に入浴時間が長くなっていた。

 

入浴すると10分ぐらいで500ml程度の汗をかくそうです。

汗をかくことで塩分と水分の両方を失っていく為、入浴後には

しっかりと水分の補給が必要です。

 

■最近暑かったのでビールの量が増えていた

 

毎晩晩酌するのが習慣なのですが、最近暑かった為

ビールを飲む量が増えていました。

 

ビールには利尿作用がある為、結果的に水分補給にならず

むしろ体から水分が失われます。

 

お風呂上りにビールは美味しいですが、同時に水分補給しないと

熱中症などの原因になります。

 

■職場でも自宅でもカフェインの摂取が増えていた

 

職場の冷蔵庫には喉が渇いたときの為に緑茶のペットボトルを

入れていました。それも「濃い緑茶」です。

 

自宅でも職場でもコーヒーが好きなので、一日に何杯も

コーヒーを飲んでいました。

 

緑茶やコーヒーに含まれるカフェインには利尿作用がある為

水分補給には適していません。

 

■朝ごはんを抜いていた

 

朝ごはんを食べ過ぎると、バイクを運転している際に

眠くなってしまうことがあった為、朝ごはんは抜いて

職場についてからパンをかじったりしていました。

 

朝起きた状態はエネルギーが空に近い状態。

その状態で無理をすれば体に大きな負担がかかります。

 

ちょっと考えるだけでも熱中症になりやすい習慣がこれだけありました。

 

私を診断してくれた医師曰く、この時期特に大切なのは

朝ごはんなのだそうです。

 

適度な塩分と水分を同時に摂取できるお味噌汁。

空っぽのエネルギーをチャージするご飯やパンなどの

炭水化物などを摂取することで熱中症の予防にもなります。

 

今回すぐに思い浮かんだ4つの週間は

私のように30代男性であれば、当てはまる人も多いはず。

 

初めて熱中症になって感じたのは、

 

事前に体に感じる自覚症状はあまりないということ。

突然症状が襲い掛かってくるのです。

 

その為、バイクや車を運転している最中であれば

運転操作を誤って事故を起こしてしまう可能性もあります。

 

35年間生きてきて初めて熱中症になりました。

あなたも過信していると、明日熱中症になるかもしれません。

プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報