バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

社会的ステータスの高い人はスピード違反をする可能性が高い

ナンバープレートを付けずに高速道路を走行したなどとして、警視庁交通執行課は25日、道交法違反(自動車登録番号標の表示義務)などの容疑で、

埼玉県川口市の会社役員(49)ら男性7人を書類送検した。同課によると全員容疑を認めている。

7人は特徴的なデザインのスポーツカー「スーパーカー」の愛好家グループ「辰巳会」のメンバーで、男性役員が隊長を務めていた。

ナンバープレートを付けていないランボルギーニやフェラーリで首都高を暴走するほか、辰巳第1パーキング(東京都江東区)を占拠したりエンジンの空ぶかしをしたりして、苦情が相次いでいた。

男性役員の送検容疑は昨年11月12日午前0時半ごろ、ナンバープレートを付けていないランボルギーニで首都高を時速189キロで走行したとしている。

 

産経ニュースより抜粋

 

このブログでも何回か触れていますが、山道などで無理な走行を

しているバイクを見ると、高額な部類のバイクである確立が高い。

 

社会的ステータスの高い人はストレスから暴走行為を繰り返してしまうのだろうか?

上記のニュースはその理論を裏付けるような結果になってしまっている。

 

先日伊豆にホタルを見に行く際に東名高速を走っていると

追い越し車線をとんでもないスピードで走っていく高級車を

多数目撃した。

 

また6月28日に発生した大型バイク同士の正面衝突事故では

運転者二名が死亡してしまったが、どちらもスーパースポーツバイクで

やはりかなり高額なバイクでした。

 

このような事が起こってしまっている原因の一つに高性能な車や

バイクはスピードを出しても恐怖感が薄いという事があげられると思う。

 

私は以前はスバルのスポーツカーに乗っていますが、今はトヨタの

ファミリーカーに乗っています。

 

スバルのスポーツカーは高速道路でスピードを出していても

非常に安定していて、あまり怖いという感覚はありませんでしたが、

トヨタのファミリーカーに乗り換えたところ、やはり装備や性能の

違いがある為、高速道路の走行には気を使っています。

 

スーパースポーツバイクもとんでもないスピードを出せる反面

とても安定しており、一般のバイクで60km/hぐらいで走っている間隔で

100km/hぐらい出てしまっていることもあります。

 

スピードが出ている状態で事故を起こせば相手も自分もダメージが大きい。

高性能バイクや車を手にするのは自制心のある「大人」に限定してほしいものです。

 

マタハラ禁止!は企業に押し付けるだけではなくならない

毎日新聞で以下のような記事が掲載されていました。

 

安倍政権の「女性活躍」政策で、政府が新たに策定する「女性活躍推進のための重点方針2015」の概要が23日分かった。

妊娠や出産をきっかけに職場で嫌がらせを受ける「マタニティーハラスメント」(マタハラ)を防止する法整備を来年の通常国会で検討することや、

ワーク・ライフ・バランスの先進企業を公共調達で優遇する仕組みの検討を明記した。各府省の概算要求に盛り込み、来年度予算案に反映させる。

 

私の会社には一名産休に入っているスタッフがいます。

私の妻も現在は産休に入っています。

 

この産休という制度非常にありがたく、

ひらたく言ってしまえば会社をお休みして家事、育児に集中しても

国が給料の一部を支給してくれるありがたい制度。

 

社会保険に加入していると受給できるわけですが、

保険料は会社が半分、本人が半分負担の割合になっています。

 

産宮中に関しては、本人も会社も保険料を負担しなくてよいため

女性スタッフが産休に入ったとしても会社は直接的な負担をするわけではない。

 

だったら、何故マタハラなんて事が発生するのか?

 

是非一度会社視点で考えてもらたいと思います。

 

会社は営利団体です。国が運営しているわけでも

聖人君子が運営しているわけではありません。

 

お金儲けしたい人が作る団体なわけです。

 

一人のスタッフが妊娠したとして、産休に入る。

 

大きな会社であれば、色々な部署から移動してパズルみたいに

調整すれば、一人生産性が減る負担を色々な人に割り当てて

人を増やすことなく調整することが可能です。

 

ですが、一人一人が会社の大きな歯車となる中小企業であればどうでしょう?

一人スタッフが減ってしまうと日常業務が回らなくなるので、もう一人採用しなければならない。

ところが産休からスタッフが戻ってくると

 

もう一人分の人件費は捻出できない

戻ってきたところで割り当てる仕事がない

 

などの問題が発生します。

 

または、戻ってくると信じて産休に入れたのに、

子育てに集中したいと言う理由で戻ってこない。

 

という事もあります。

 

だから小さな会社ほど、

 

スタッフが妊娠する → マタハラが発生する

 

と私は分析しています。

 

ところで私の会社は小さな小さなオートバイのパーツメーカー。

パートスタッフを合わせても従業員12名ほどの会社です。

 

パートスタッフも正社員スタッフも会社の大きな歯車として

活躍してくれています。

 

そんな私の会社で何故マタハラなんて起こすことなく

女性スタッフは産休に入ることができたのかと言えば、

 

彼女がとても優秀だったから

 

の一言に尽きると思います。

 

中小企業にとって優秀な人材を確保するのは非常に大事です。

例え産休期間中に他のスタッフの労力が増えたとしても

産休に入れた方が良いという結論を出せるのです。

 

ちなみに私の会社が円滑に一人のスタッフを産休に入れることが

出来た要因としてもう一つ上げるとすれば

 

女性スタッフが多かったから

 

という事もあげれれます。

 

出産育児に理解のあるスタッフが多かったため

比較的話を通しやすかったという要因があります。

 

産休に入れるという決断を下す前には

スタッフ一人一人を呼び出して

 

一人の女性社員を産休に入れたい

会社は産休期間中にスタッフの補充は出来ない

その為、一人一人の仕事の負担は大きくなる

 

ということをしっかりと伝え、理解してもらったうえで

一人のスタッフを産休に入れる事が出来ました。

 

パートで入っている主婦スタッフも以前は

短い時間しか入っていませんでしたが、

今は午前中から夕方まで比較的長い時間シフトに入り

産休中のスタッフの穴を埋めてくれています。

 

どうでしょうか?中小企業にとって一人のスタッフを

産休に入れるというのはとても大きな事です。

会社の理解だけでなく、他のスタッフの理解も必要になります。

 

政府がいくらガイドラインを作ったからと言って

簡単にそれにそった会社運営など出来ないのです。

 

女性は私たち男性にはない視点を持っていて

思いもよらない成果を上げてくれることがあります。

 

まずは自分自身が会社にきちんと利益を出せる存在であるとアピールできること。

自信を持つことが大事です。自信を持つ為には実績とスキル。

 

権利を主張するだけでは何も変わらないのです。

 

毎日新聞の記事の中で以下のような一文もありました。

 

男性が多い研究職などの「理工系人材」でも、国や民間企業、大学などの研究機関が連携し、女性の人材育成を後押しする

 

そうこれですよ!スキルを持った女性は企業も手放せないんです。

 

企業を規則で縛るのではなく、一人のスタッフを産休に入れたほうが

会社にとて利益がある状態を作ることがマタハラをゼロにする唯一の方法だと私は考えます。

自転車の取り締まりを現場の警察官はどう考えているのか?聞いてみた。

6月1日より自転車の取締りが強化された。

個人的な主観としてはきちんと取締りされていない印象を受けています。

 

東京も入梅し雨の日が多くなっていますが、

自転車に乗っている人の多くが傘をさしています。

 

ご存知の通り自転車に乗っている時に

傘をさすことは違反になります。

 

ですが、現場を目撃したとしても警察官は声をかけていません。

 

都内を車やバイクで通勤しているとマナーの悪い自転車を

目撃することが多数あります。

 

6月1日以降は減るのかな?と思いましたが

取締りが牽制になっている感じはしません。

 

個人的には今回の法整備に関して足りなかったのは

「周知」だと思います。

 

私たちモーターサイクルに関わる業種の人間からすれば

6月1日以降の法整備はビッグニュースでした。

 

今までやりたい放題だった自転車もついに取り締まりされるんだな。

 

そういう印象を受けていました。

 

しかし、実際6月1日以降の自転車の取締りを取り上げるメディアは

車やバイク関係のジャーナリストが多く、テレビや一般紙などでの取り上げ方は

小さかったように感じます。

 

結果的にバイクや車などに乗っている人にはある程度周知できたものの

一般の方にはあまり広めることが出来なかったのです。

 

先日ふと立ち寄ったお店で警察官と店主が話している現場に遭遇しました。

 

店主「6月1日以降自転車の取り締まり強化ってされたけど、実際取り締まっているの?」

 

警察官「いや~自分は取り締まったこと無いですね。正直悪い気がして。。。

二回取り締まったら講習になっちゃいますし」

 

この警察官の意識が駄目なのかと言えば、私は少し違うと思います。

 

例えば自転車で町を走っている方を見てみると平気で逆走しているし

一時停止も守っていない現場を頻繁に目撃します。

 

でも違反している人は違反をしているという自覚がないのです。

更に言えば、、、

 

自転車は基本的には車輌扱い

 

という原則すら周知できていない現状があります。

 

相変わらず歩道を走っている自転車を目撃する機会が多いのですが、

 

原則歩道は走行禁止、やむを得ない場合は徐行という事を知らない人が殆どです。

 

これだけ周知出来ていない状態で片っ端から取締りをしたら

 

「そんなの知らない・聞いていない」

 

というクレームが頻発するのは間違いありません。

だから警察官も気が引けて取締りができないのです。

 

また先日子供を持つスタッフと話をしている中でこんな会話がありました。

 

「子供に歩道を走ってはいけないと教えないといけないのでしょうか?

基本的には車道を走ると危ないと思うのですが。」

 

確かに自転車に慣れていない子供はフラフラしてしまいますから

車道を走らせるのは怖いと言う親の気持ちはわかります。

 

私が住んでいる神奈川県は幅が狭い道路があります。

 

幅の狭い道路の端を自転車がフラフラと走行していたら車を運転する側も

とても怖く感じますし、事故に繋がる可能性もありますのでお年よりや子供は

歩道を走っても良いという例外を作ってもよいと思います。

 

法は確かに6月1日から適用されました。

ですが、この現状では実際にお金を払って講習を受ける羽目になるのは

本当に悪質な違反を繰り返した人だけになりそうですね。

 

アマゾンに商品を注文したけど、品物は届かなかった。

先日

 

アマゾン プライムサービスは当日も翌日も届かない

 

という記事を書きました。

 

当日お急ぎ便という午前中に注文すれば午後には品物が届くという

アマゾンにしか出来ないサービスを展開していますが、私が先日注文した商品は

当日どころか翌日も、翌々日も、翌々翌日も届かない。

 

ちなみにこの当日配達サービスはアマゾンの

有料会員にならないと使うことが出来ません。

 

カスタマーサポートに連絡しても

 

「原因不明のエラーで・・・」

 

という返答ばかりでした。

 

どうしても欲しい商品だったので、カスタマーサポートの

指示通り、注文をキャンセルして注文しなおすこと3回。

 

結局品物は一週間たっても届きませんでした。

 

先に言っておくと、アマゾンの倉庫に在庫はありました。

 

クレジットカードで決済は完了しており料金は支払い済みだったので

配送できない理由がわかりません。

 

だって、

 

あて先書いた紙を貼って出荷するだけでいいんですから

 

こんな簡単なことすら出来ない。

 

 

じゃあ、何故アマゾンは誰でもできるような事が出来ないのか?

 

「極度のシステム依存状態だから。」

 

という一言に尽きると思います。

 

受注から配送まで全てシステムで管理しており、システム外の行動はNG。

人為的にエラーを修正して出荷することは禁止されているのでしょう。

つまりは柔軟な対応が出来ないということです。

 

アマゾンのカスタマーからのメールの一番下には

 

「amazon.co.jp は、お客様からのご意見により、地球上で最もお客様を大切にする会社を目指しています。」

 

という記載があるのですが、冗談にしか聞こえません。

 

だって

 

「お客様に迷惑をかけてもシステムを優先する会社です。」

 

なんですから。

 

注文しても品物が届かない通販会社の有料会員になっていても仕方がないので

年会費を返してくれと連絡しましたが、一ヶ月間はプライムサービスを受けることが

出来たのですから一か月分差し引いた11か月分を返金します。との事でした。

 

これだけ時間を割かれて、当日届くはずの品物が

一週間たっても届かない。

なのに先月は普通に使えたサービスなんだから一ヶ月分は

会費もらっていいですよね?って・・・

 

私・・・大切にされてますかね?

 

先ほどスタッフと地球上で最もお客様を大切にする会社を目指している会社なのに

対応おかしくない?と話していたところ。。。

 

「相京さん多分クレーマー扱いされてて、お客様って思われてないんですよ」

 

という意見が出ました。

 

なるほど、これなら納得です。

 

届くはずの商品が届かないと連絡してくる客はクレーマーで

「お客様ではない」という判断をされているのかもしれません。

 

本当に納得がいかないアマゾンの今回の一連の行動ですが、

 

 

当日品物が届く

24時間のカスタマーサポート

 

この二つを展開しているのはアマゾンだけなので

いつかまたアマゾンを使うかもしれません。

 

ちなみに、私がどうしてもほしかった商品を今朝楽天のショップに注文したところ、

もう既に発送の連絡と伝票番号の連絡が来ました。

 

当日には品物は届かないけど、明日届くのを保証するサービス

楽天のサービス「あす楽」運送会社の都合で明日届かない事もありますが、

その場合は楽天のポイントをもらえたりします。

 

勢いは完全にアマゾンですが、

 

おもてなしの国 日本生まれの会社 楽天を応援します。

 

アマゾン プライムサービスは当日も翌日も届かない

近年爆発的に成長を続けるamazon.co.jp

ネット上の本屋さんという印象だったのは過去の話で

現在は

 

家電や小物、ファッションアイテムなど

様々な物が買える媒体になりました。

 

そのアマゾンが他社にないサービスとして展開しているのが

アマゾンプライムサービス。

 

午前中に注文すれば当日に品物が届くと言う

驚愕のサービスです。

 

私は通販の仕事もしていますが、はっきり言って

アマゾン意外には不可能なサービスです。

 

私たち通販会社はゆうぱっく・佐川・ヤマトなどの

運送会社に配送を委託していますが、荷物が届くのは

速くても翌日・地域によっては中一日はかかります。

 

何故アマゾンが当日お届けが可能なのかと言えば

一番の理由は全国津々浦々にアマゾンの物流拠点があるから。

 

注文をくれたお客さんの最も近い拠点から発送ができるからです。

 

更にアマゾンは24時間カスタマーサポートを展開しています。

品物が届かない際などはチャットワークや電話でのサポートをしてくれます。

こんなの絶対他の会社には無理!素晴らしいサービスです。

 

通販会社としてはオンリーワンのサービスを展開しているアマゾン。

 

でも、、、、金曜日に当日お急ぎ便で注文した商品が

火曜日の本日現在届かない。

 

楽天で注文したら間に合わないからと思って

アマゾンで注文したのですが非常に残念な結果です。

 

金曜日に注文をアマゾンにいれ、夜になっても発送の連絡が

届かないのでアマゾンのカスタマーサポートに連絡しました。

 

すると、「原因不明のシステムエラーで発送処理がされてない」

という返答でした。

 

むむむ、まぁエラーであれば仕方がありません。

在庫はあるというので明日中に発送処理をしてくださいと頼みました。

 

「アマゾンではシステムが動かないと配送処理ができません」

 

ん??

 

在庫は倉庫にある。でもシステムが動かないから発送出来ない。

あぁ、そうかそうか、この人は配送処理自体は手書き伝票を一枚

かけばできることを忘れてるんだな。

 

「伝票を手書きで一枚書いて、品物に貼って送ってください」

 

申し訳ありません。アマゾンはシステムが動かないと配送処理ができないんです」

 

何度か連絡を取り合ったのですが、結局アマゾンの受注の流れは

システムに添ってしか対応できない。と言うことでした。

 

つまりシステムがダウンしたら、人間は何も対処できないということです。

 

色々な通販会社で買い物をしましたが

今までで最も対応に柔軟性が無く、お客様に迷惑をかける対応でした。

 

ちなみに、翌日土曜日にシステムがやはり動かないので一度注文を

キャンセルして、再注文して欲しいと言われたので再注文しました。

当日お急ぎ便だったので、土曜日に届くはずでした。

 

でも届きませんでした(笑)

 

再度カスタマーに連絡すると

 

「原因不明のシステムエラーが原因で・・・」

 

もうここまで来るとはじめの怒りは収まり

むしろ笑えてきました。

 

「原因は追求中で、現在は月曜日にはお届けできるように調整中です」

 

という事でしたが、

 

昨日も届きませんでした

 

さっきもカスタムーサポートに連絡していたのですが

 

「原因不明のシステムエラーで・・・キャンセルして

再注文を・・・」

 

あれ?これ土曜日にも一度やったな(笑)

 

アマゾンプライムサービスは他の通販会社にはない

「当日に品物が届くサービスです」

 

 

でも、明日も、明後日も明々後日も原因不明のシステムエラーで

届かない可能性がある不安定なサービスです。

 

 

他にはない画期的なサービスなのに残念です。アマゾン。

これが安定感のあるサービスになり、カスタマーの対応に

柔軟性が加わったら

 

無双です。アマゾン。

 

今日も届かないかもしれませんが、これらからのアマゾンに期待しています。

 

PS

やっぱり今日も届きませんでした(笑)

 

品物を届けられなかったお詫びに・・・と前回クーポンをもらったのですが、

それを使って注文したらキャンセルは効かないそうです。

 

事情が事情なので、キャンセルできないか社内で協議するそうですが、、、

 

 

届かない品物のキャンセルに社内協議が必要って(笑)

 

ちゃんと届けばプライムサービスはめちゃくちゃ便利なのですが、

不安定すぎますよ。アマゾンさん。。。

プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報