バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

自転車の取り締まり厳罰化?青切符を切れるようにしないと意味がない

2015年6月13日までに自転車の取締りを強化するという

発表がありました。内容は以下の通り。

 

危険な違反行為を反復して行った自転車運転者は、都道府県公安委員会が行う

所定の講習(自転車運転者講習)を受講しなければなりません。

 

受講命令に従わなかった場合は… →  5万円以下の罰金

 

なお危険な違反行為とは、

 

 

1、信号機の信号等に従わないこと
2、道路標識等によりその通行を禁止されている道路又はその部分を通行すること
3、歩行者のため通行禁止が標識で表示されている道路を歩行者に注意して徐行しないこと
4、歩道と車道の区別のある道路で車道を通行する等の通行区分を守らないこと
5、路側帯を歩行者の通行を妨げるような速度や方法で進行すること
6、遮断機が閉じようとしている時、閉じている時、警報機が鳴っている間に踏切に入ること
7、交通整理の行なわれていない交差点で他の車両の進行を妨害すること
8、交差点で右折するときに他の車両の進行を妨害すること
9、環状交差点で他の車両の進行を妨害すること
10、指定場所で一時停止しないこと
11、歩道を走る際に指定部分を徐行せず、また歩行者の通行を妨げるときに一時停止しないこと
12、制動装置等を備えていない自転車を運転すること
13、酒酔い運転
14、安全運転の義務の規定に違反する行為

 

だそうです。

 

車やバイクで違反をした場合、軽度な違反の場合は

青切符を切られて違反金を支払う形になりますが、

 

重度な違反をすると、赤切符をきられる形となり

その場で罰金は確定せず、出頭し事実を認めた上で

罰金が決定する形になります。

 

現在のところ、自転車で違反をした場合は、

車やバイクとは違いますが、赤切符を切られる

形となり、刑事処分の対象になります。

 

手続きが面倒な上に罰金の金額も少ない為

あまり積極的に取締りが行われていませんでした。

 

しかし、最近は自転車事故が急増。

仕方がないと重い腰があがったわけです。

 

ここ数年で徐々に赤切符を切られる事が増えてきており

取締りが強化されつつある事は間違いありません。

 

しかし、バイクのパーツメーカーの人間として一言申し上げたい。

 

「ぬるい。ぬるすぎる。」

 

50ccの原付の規制を考えて頂きたい。

 

三車線道路では原則二段階右折。

速度規制は30キロ。

もちろんヘルメットは装着義務あり

 

 

、、、自転車は?

 

 

最近はスポーツタイプの自転車が流行っており

30キロ以上出している人を多く見かけます。

 

バイクが二段階右折している交差点で平気で車と同じように

右折していく自転車も都内では良く見かけます。

 

自転車にはウインカーは付いていません。ストップランプもついていません。

バックミラーもついていません。

ヘルメットもバイクのヘルメットに比べたらえらく簡素なものです。

 

ライトもえらく簡素な物がついています。

そりゃそうでしょう。重いものを装着したら漕ぐのが大変ですから。

 

バイクの販売台数の中で、最も大きなウエイトを占めているのは50ccの原付です。

最近は販売台数の減少が目立っていますが、原付が一番売れていたのは、

規制がゆるく、ヘルメットを被る義務がなかった時代です。

 

取り締まりを厳しくしたら、

 

赤信号を進んでも捕まらないというメリットがなくなります。

30キロ以上で走行しても捕まらないというメリットがなくなります

 

一時停止なんてしたら、また濃いで速度を出すのに疲れるから大変ですけど

取締りが厳しくなったら罰金を払わなければならなくなります。

 

多分、自転車の販売台数減っちゃうでしょうね。

不景気な中、そんな事したら経済的な打撃もあるかもしれません。

 

でも原付だって、そういう時代を歩んできたんですから

一回はがっつり厳しくする必要があるんです。

 

危険な行為をした場合には、即青切符を切れるようにしないと駄目なんです。

 

バイクに乗っている人も、モラルがよいとはいえません。

モラルアップが課題になっています。

 

しかし、違反をしたら、罰金を取られるんだ。という事が前提にある為

少なくとも、信号無視をするライダーは極少数です。

 

人間は元々欲望の強い生き物です。

 

ある程度やってはいけないことをやってしまったら

国に指導される形にしなければ、

 

やっちゃいけないことだけど、やっても怒らない。

という自分勝手な解釈をして、違反は減らないでしょう。

マクドナルドスタッフから寄せられた感謝の声と悲痛な叫び

先日ブログで書いた

 

元マクドナルド社員だから感じる異物混入報道の違和感

 

が大変な反響を頂きました。

 

 

マクドナルドは営業時間中は常にお店にマネージャーというタイトルの

スタッフがいます。社員スタッフはもちろんですが、アルバイトスタッフも

トレーニングしてマネージャーに昇格させます。

 

私も三年間のマクドナルド人生で何人ものアルバイトスタッフを

マネージャーに昇格させました。

 

私は退職してしまいましたが、逆にアルバイトスタッフからマネージャー

そして社員になったスタッフも何人かおりフェイスブックなどで繋がっていて

未だに連絡を取り合っています。

 

先日の記事をアップした直後にも何人かの現役マクドナルドスタッフから

コメントやメッセージを頂きました。

 

やはり報道直後からご来店頂けるお客様が減少した。

というのは共通の声でした。

 

 

一体誰が得したんだろうか?

 

 

消費者の不安を煽る報道を繰り返した結果

マクドナルドに足を運ぶ消費者は減りました。

売上げは減少してしまったでしょう。

 

売上げが下がれば、まず行われるのはアルバイトスタッフの

シフトカットです。売上げが上がらないのに、お店でアルバイト

スタッフを遊ばせておくことは出来ないので、希望通りの

シフトを入れてあげることは不可能。

 

特に主婦スタッフは生活費を捻出する為にパートに

来ている方が多いので、今回の騒動でシフトをカットされ

生活費に打撃が出た方は多いでしょう。

 

マクドナルドの店舗数は3000を超えます。

 

私の経験上、規模の小さなお店でも昼間のピーク時間は

主婦スタッフが5名以上は働いています。

 

つまりは最低でも15000人の生活費が減ったということです。

恐らく自分の希望のシフトが入れないということで、

退職したスタッフや、もう一つ仕事を探しているスタッフも

いると思います。

 

テレビ局も結果的には損してないか?

 

体感でしかありませんが、最近テレビでマクドナルドの

CMを見なくなった気がしませんか?

 

売上げがガツンと落ちたので、経費削減の動きになるのは当たり前。

第一弾は店舗での人件費のカットだとしても、あれだけの報道でしたから

それだけでは当然補填できない損失が出ているはずです。

 

マクドナルドのテレビコマーシャルに投資している広告費は

かなりの金額だったはずです。これらはカットされ店舗の運営費に

回されたと考えてもおかしくないはずです。

 

そのほか関連業者も打撃が出ているはず。

 

原材料を供給している会社や運送業者など、関連する業者を

上げればきりが無く、かなりの打撃を受けていると見て

間違いないと思います。

 

誰もが知っている企業の問題は取り上げれば

確実に視聴率が取れるのは間違いありませんが、

今回の報道で誰が得したんでしょうか?

 

面白おかしく報道し、沢山の人に影響を与え、

じゃあ、結果はどうだったのか?

 

あっという間に報道されなくなり、投げっぱなし状態になりました。

 

一番初めに報道されたビニール片は製造工場で使われている素材ではありませんでした。

店舗でも使われている素材ではなかったそうです。

 

ナゲットの中から出てきたのですから、店舗で「混入してしまう」ことはないでしょう。

そうなれば、お店のスタッフが「混入させた」かお客様が「混入させた」のでしょう。

 

ポテトに入っていた歯はフライされていなかったそうです。

そうなれば、お店のスタッフが「混入させた」かお客様が「混入させた」のでしょう。

 

ツイッターなどでお店の冷蔵庫に入って写真を投稿する非常識な人が

いる時代ですから、お店やお客様を困らせようと混入させる人がいても

おかしくありません。そうなれば、マクドナルドは被害者です。

 

「お店は大変な状態ですが、来店されるお客様には関係の無いことですから

一生懸命来店して頂けるお客様をおもてなしします。相京さんの記事嬉しかったです。」

 

これはあるマクドナルドのマネージャーが私にくれたメッセージです。

 

インターネット上でも接客のレベルが下がったといわれることが

多いマクドナルドですが、おもてなしの精神を持った店舗マネージャーは

まだ沢山います。

 

こんな時だからこそ、頑張って欲しい!

頑張れ私の教え子達!

 

元マクドナルド社員だから感じる異物混入報道の違和感

私は現在はバイクのパーツメーカーに身を置いておりますが、

前職はウェブのコンサルタント。

 

その前はずっと飲食業界におりました。

 

学生時代に居酒屋でアルバイトを始め、

大学卒業と同時に日本マクドナルドに就職しました。

 

先日からマクドナルドの異物混入問題が盛んに

マスコミに取り上げられています。

 

私はこの異物混入問題に違和感を感じています。

 

私はマクドナルドには三年間在籍していました。

マクドナルドは現場主義のため、新卒採用者は必ず

まずは店舗に配属されます【私が新卒採用された当時は。】

 

三年間様々なお店で働きましたが、異物の混入が無かったかと言えば嘘になります。

 

人が行うオペレーションは、どんなに優れたマニュアルがあったとしても

完璧なオペレーションは不可能です。

 

例えば、調理を行う従業員は全員防止を被り

髪の毛の混入がないように徹底されていますが、

お客様から髪の毛の混入の指摘が1度もなかったか?

と言えば、そんな事はありません。

 

私が店舗で働いていた時でも稀に異物混入の報告はありました。

 

改めてあなたに説いたのですが、飲食店での異物の混入は

そんなに珍しいものでしょうか?

 

検索エンジンで「異物混入」と検索すると78万件のページがヒットしました。

 

マクドナルドの異物混入問題のニュースも多くヒットしましたが

飲食店で異物混入があった際の経験を書いた個人の媒体もかなり多く

存在するようです。

 

私が学生時代勤務していた居酒屋は最も大きな居酒屋チェーン店ですが、

やはり稀に異物の混入はありました。

 

最大限気をつけて、出来るだけ異物の混入は防がなければ

なりませんが、飲食店で100%異物の混入を防ぐというのは不可能です。

 

個人的にはお客様から報告があった際、どのように対応するか?

が最も大事だと思いますが、

 

現在の報道のされ方は、とにかく異物の混入の事実をかき集めて

消費者の不安を煽っているだけ。というように見えます。

 

ドドール 異物混入

スターバックス 異物混入

モスバーガー 異物混入

 

これらのキーワードを検索しても、

個人の方のブログやホームページ

Q&Aサイトが次々に表示されます。

 

あってはならないことではありますが、

異物の混入に関しては飲食店であれば発生するのです。

 

現在の報道のされ方は正しいでしょうか?

 

視聴者の不安を煽れば、視聴率が取れるから

そういう風に感じるのは私だけですか。

 

マクドナルドでトレーニングを受けている際に

クレームの連絡をしてくるお客様は一部のお客様で

ほとんどは連絡すらしてきてくれない。

 

そういったお客様は二度と店舗に来店してこない

だからクレーム対応はしっかりとしなければならない。

というトレーニングを受けました。

 

私は今でもこの教えを大切にしています。

 

クレームを言ってこないお客様を、マクドナルドでは

サイレントコンプレーナーと言っていましたが、

今回は一つの異物混入の報道をきっかけに、サイレントコンプレーナーが

次々に主張して言った結果だと思います。

 

でもこれって、本当にしっかりと事実確認が取れている結果でしょうか?

 

「マックフライドポテトから歯が出てきました」

 

朝のニュースの司会者のコメントに思わず吹き出してしまいました。

 

私はマクドナルドのポテトのオペレーションも知っていますが

油で揚がっていないという時点で、ポテトのオペレーション中に

歯が混入するのは不可能です。

 

この冗談みたいな話を平気で報道しているマスコミ各社は

まさに異常な状態に突入していると思います。

 

どこまで、この報道が過熱するのかわかりませんが、

視聴者は冷めた目で見始めているという情報もあります。

 

早く正しい報道の形に戻ることを願っています。

プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報