バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

メイドインジャパンの50ccスクーター レッツは売れるか?

スズキは自社の50ccスクーター レッツを約10年ぶりに

モデルチェンジすることを発表しました。

 

既にメーカーホームページにはレッツの商品紹介ページが

公開されていますが、目立つのが「Made in japan」の表記です。

 

ホンダは2014年2月に12年ぶりとなる

新型原付DUNKを発表し、街中で見かける機会も増えてきました。

同車はベトナムで生産されています。

 

ヤマハが2012年10月から販売する原付BW'Sは

個性的なルックスがコアなユーザーに受け入れられています。

こちらは台湾で生産されています。

 

このように現在、原付生産のほとんどは海外生産となっています。

 

その中で、スズキはメイドインジャパンで原付を生産し

販売することを決定しました。

 

しかし、これは今までのスズキの流れの中でも特別なことではありません。

前のモデルのレッツ4も一時は生産を中国に委託していたものの、すぐに国産に

切り替えました。

 

私も仕事柄バイクに乗っている方とお話をすることが多いのですが、

やはり未だにメイドインジャパン信者は多く、日本製バイクを求めている

ユーザーは多いように感じます。

 

しかし、そういった需要とは逆行するかのように、排気量の小さい

エントリーモデルに関しては、安価にする為に海外生産になっている

現状があります。

 

結果的にメイドインジャパンが欲しいけれど、安価なほうが魅力。

ということで、海外生産モデルは受け入れられています。

 

では今回のスズキのレッツは売れるのか?

私は売れると予想しています。

 

その理由の一つが価格です。

 

レッツは15万4400円。

前述したホンダのDUNKは21万4920円

ヤマハのBW'Sは23万2200円

 

各車種それぞれ装備が違う為、一概には比べられてませんが、

海外生産のバイクと比べても価格はかなり安くおさえられています。

 

中国で生産され、価格が安く人気のホンダ トゥディでさえ

販売価格は13万8240円。

 

その差たったの1万6160円です。

 

たった1万円弱の差であれば、中国製よりも国産が欲しいという

ユーザーは圧倒的に多いはずです。

 

メイドインジャパンの車両と海外生産車両の価格があまり変わらない

背景の一つにはアベノミクスの影響である円安傾向が挙げられると思います。

 

数年前まで1ドル90円台だった日本円のレートは現在120円前後まで跳ね上がっており

ドルでの取引となる輸入の場合、レートの変更だけで原価が30%も跳ね上がっています。

 

結果的に海外工場で生産した車両に関しては、計算よりも高い原価に

なってしまったという現状があります。

 

また、レッツはメイドインジャパンと言っても、部品の生産はあくまで海外

組み立てを国内でやるという事のようです。

 

原付の生産のほとんどをまかなっているアジア圏の人件費はどんどん

高額になっており、組み立てまで海外でやらせて多少安くするよりは

しっかりと国内で組み立てて「メイドインジャパン」で販売したほうが

売りやすいというマーケティング上の理由も見えてきます。

 

排気量別にバイクの販売台数を見てみれば、その半数以上は

50cc以下の原付車両となっています。

 

最近は原付2種クラスの人気の高まりから、売上げ台数に

陰りが出てきていた50cc原付クラス。

 

レッツの販売台数がどこまで伸びるのか?注目です。

ヤフーのサービスの低下はどこまで続くのか?

ヤフーと言えば、まずは検索エンジンです。

日本人は何か調べる際はヤフーという方が多いようです。

 

検索エンジンと連動した広告がヤフーのメインのキャッシュポイントですが、

検索のシステムはグーグルのシステムを使用しています。

つまりヤフーの検索システムには、ヤフーの理念はありません。

 

次にヤフーと言えば、ヤフーオークションがあります。

個人売買の場としてだけでなく、企業も参入しています。

 

また、楽天のようなインターネットショッピングサイトとして

ヤフーショッピングがあります。

 

今回注目したいのは、ヤフーオークションです。

少し前になりますが、ヤフーオークションは大幅な改革をしました。

 

それは、出店料金無料、出品料金無料というものです。

 

ざっくりとわかりやすく言うと、個人が1、2個商品を出品する際には

一つ出品するごとに10.5円かかっていましたが、これがかからなく

なりました。

 

企業が出店する際には、ヤフーオークションストアの契約をする形になり

以前は月々の定額料金がかかっていましたが、これもかからなくなりました。

 

結果的に個人の人も企業も出店しやすい土壌が出来上がりましたが、

これをきっかけに、悪質な業者の参入も目立つようになりました。

 

その一つがコピー品。

 

一つの例を挙げると、日本のバイク業界で有名なメーカーと言えば

ホンダ・ヤマハ・スズキ・カワサキという四台メーカーがあります。

 

ホンダやヤマハのロゴが入ったシャツなどがヤフーオークションには

多数出品されていますが、ほとんどがコピー品です。

 

商品をヤフーオークションというマーケットに広げやすくなった為

悪質な業者も目立つようになりました。

 

また出展者が増えた為、ヤフーの規約も以前より厳しくなりましたが

出展者の一人としては有効に働いていないという実感があります。

 

例をあげると、同日に同じ商品を複数出品してはいけないというもの。

 

出店者が膨大に増えた為、特定の商品を探した際に

検索結果に表示される商品が増えました。

その為、同じ日に同じ商品を多数出品されてしまうと、

商品が見つかりにくくなってしまうという弊害が発生しました。

 

これを重く受け止めたヤフーは厳しい規制をかけました。

 

これ自体は仕方が無いことだとは思います。

 

しかし、例えば、バイクのタイヤを例に挙げると

 

バイクに乗っている人が自分のバイクのタイヤサイズを

知っている人はあまりいません。

 

その為に出展者はタイヤのサイズで出品するのではなく

 

ホンダのA車用タイヤ

ホンダのB車用タイヤ

 

という形で出品するケースが多々ありました。

結果的にユーザーは商品を見つけやすくなり、タイヤを買うときに

迷わない動線を作ることが出来ました。

 

しかし、現在はこれをやると規約違反になります。

ホンダのA車用タイヤとホンダのB車用タイヤが同じサイズであれば

同一出品となり、規約違反。

結果的に出店取り消し処分を受けてしまいます。

ユーザーに優しい動線が規約によって作ることが出来なくなったわけです。

 

 

実際に、お客様から

 

「前にホンダのA車用タイヤって前に出品されていたけど今はないの?」

 

というお問い合わせを頻繁に頂きますが、規約によって

そういったわかりやすい出品は出来なくなった。とご案内し

お客様のタイヤのサイズをお教えするようにしています。

 

ただし、このような事例はバイク業界という極めて狭い世界の話。

あらゆる業界が被害を受けているとは言いません。

 

しかし、出展者としてヤフーのサービスが低下していることを

感じることも多々あります。

 

例えば、先日ヤフーから警告がきました。

同日に同じ商品が出品されています。

これは規約違反です。という内容でした。

 

すぐに確認してみると、オートバイ用のウエアで

MサイズとLサイズが出品されていました。

 

ヤフーの規約では、MサイズとLサイズは別商品という認識で

規約違反ではありません。

 

サポートに上記内容を伝えたところ、明日に詳しい内容を

メールで連絡するということをいわれました。

 

 

ところが翌日、突然IDが規約違反で凍結しました。

 

 

という内容のメールが届きました。

原因となった商品は前日に指摘された商品でした。

 

私達はこれは規約違反ではないと前日に伝えていたにも

関わらず規約違反でIDを凍結された上、その内容を

連絡するという約束も守られることがありませんでした。

 

しかも最終的には誓約書の提出をもって、IDの凍結を解除するという

内容のメールが来ました。

 

誓約書は、今後規約違反があった場合、ヤフーはすぐにIDを削除し

それにかかわり会社に損害が出た場合もヤフーは責任を取りません。

という内容のものでした。

 

私は指摘された商品は規約違反ではないという連絡しました。

すると、間違えました。この商品ではなくこっちです。

と今度は違う商品の指摘をしてきたのです。

 

警告を受けたので、私達は対応しおうと確認してみたところ

サイズ違いであり、規約違反ではないことを確認しました。

 

ところがその商品が原因でIDを凍結すると伝えてきた後に

やっぱり別の商品でした。という内容のメールを送ってきたのです。

しかもIDを凍結した後に。

 

以前は頻繁にヤフーに出店しませんか?と営業のメールが

かかってきましたが、現在はほとんど連絡はきません。

 

ヤフーからすれば、費用ゼロ円で出店させてやってる。

という感覚なのでしょう。

 

売上げは従業員の満足度と顧客の満足度どちらも大事だといわれています。

ヤフーという広大なショップで出店者を従業員と捉えるならば、その満足度は最悪です。

コピー品が出品されている時点で、顧客の満足度も決した高くはないでしょう。

 

インターネットの通販サイトというと、

 

アマゾン、楽天、ヤフーが大手だと思います。

 

アマゾンの出品者サポートの担当は外国人ということが多く

メールでやり取りをしていると片言の日本語で対応されることが多くあります。

 

楽天のサポートは各店舗に選任のスタッフがつき

不明なことはすぐにわかるようになっています。

 

ヤフーは上記の通り。

 

アマゾンは圧倒的な規模と資本力・流通センターの力で

通販業界でも屈指の伸び率を誇っています。

 

楽天は日本人らしいホスピタリティーサービスを更に

伸ばそうと努力しています。

 

ヤフーは出品に関わる費用を下げてお金の負担を

下げる事で、逆転を狙ったようですが、

 

悪徳業者の参入により、出展者とお客様の間にトラブルが

起こるのはもちろん、ヤフーの担当者のサービスの低下も原因になり

今後ヤフーが伸びる要素が見つかりません。

 

プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報