バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

実録 財布を拾ったら10万円以上入っていたので届けてみた

バイクで自宅に向かう帰路にて、信号待ちで止まろうとしたところ

「ゴン」と何かを踏んだ感触がありました。

 

黒い塊だった為、道路のアスファルトと同化して

避ける事が出来なかったのです。

 

車だったらいいのですが、バイクの場合はビックリして

転倒の危険もある為、路肩にバイクを止めて見てみると

お財布でした。

 

財布の中にはなんと10万円以上入っていました。

現金を抜かれて捨てられたわけではなさそうです。

 

中を見てみるとクレジットカードや免許証が入っていた為

警察に届ければ個人を特定して連絡してもらうことは出来そうです。

 

早速近くの交番に届けてみました。人生で初めて財布を警察に

届けるという体験。どのようなフローになるのかな?

と不謹慎ながら思っていました。

 

バイクを交番の前に駐車し、

 

「財布ひろったんすけど」

 

と二名の警察官に伝えると、

 

「ありがとうございます。少しお時間大丈夫ですか?」

 

と言われました。

 

なにやらややこしいフローがあるのかな?

若干この時点で面倒くさくなっていました。

 

「一緒にお財布の中にはいっている金額を確認してもらえますか?

落とした時と金額が違うと持ち主に言われても困るので」

 

なるほど、私が現金を抜いてないと証明する必要があるようです。

 

でもこれって持ち主が記憶違いでもっと入っていたはずだ。

と騒いだ場合は善意で届けた私に疑いがかかるのでしょうか?

なんだか損なシステムだなぁ。

 

お札やコインを警察官と一緒に数えると11万円ちょっと入っていました。

 

ここでよく言われるお礼の話が出ます。

お財布を拾った場合には拾った人に法的に権利が発生するので

5%~20%ぐらいお礼をもらう権利があるそうです。

 

そうすると、私は2万円ぐらいもらう権利はありそうですが、

権利を放棄することも出来るようなので、今回は放棄しました。

 

5%~20%って幅があるので、金額の事で揉めたくないし

早く帰りたかったのです。

 

「持ち主さんがお礼を言いたいと言った場合に

連絡先を教えてもいいですか?個人情報ですので」

 

と言われたので、

 

「面倒くさいのでいいです。開示しないで下さい」

 

と伝えました。

 

最後に権利を放棄すること、個人情報を開示しないことに

関してのサインを書類にして終わりました。

 

財布を届けると10分ぐらいは、なんだかんだと時間がかかります。

落とし主がクレジットカードの停止手続きをしたり、大変な思いをするかもしれないことを考えると、

なるべく早く届け出たほうがいいとは思います。

ただ、拾った財布を警察に届けるのはあくまで善意なので、

もう少し簡素化してもらえないものだろうか?と感じた経験でした。

 

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. 田中 より:

    お金の確認は警察官が抜かない様にする為の一緒に確認だと思いますよ。

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報