バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

何故バイクのすり抜けはなくならないのか?

いつも御世話になっているオールアバウトが運営しているニュースディグという

媒体の編集部スタッフが高速道路で渋滞にはまっていたところ、

後方の白い車がすり抜け中のバイクに接触されたサイドミラーのカバーが吹っ飛んでいったそうです。

 

このスタッフは突然の事でバイクのナンバーを確認することは出来なかったそうですが

その後もハーレー軍団が当たり前のようにすり抜けしていったそうです。

 

バイクのすり抜け問題はインターネット上でも取り上げられることが多く

議論も過熱することが多い問題です。

 

すり抜けがよい事か?と問われればよい事ではありませんが、

私個人の主観としてはすり抜けする人はいなくならないと思っています。

 

すり抜けした所を白バイに見られた瞬間に青切符を切られるのであれば

すり抜けする人はいなくなるかもしれませんが、現状ではあまり

警察官に取り締まられることもありません。

 

最近自転車の取締りが厳しくなる規制がしかれましたが

実際あまり取り締まられていない為、雨の日に都内を通勤していると

傘を差しながら運転している人を多数見かけますし、信号無視をしている

歩行者や自転車に乗っている方も見かけます。

 

バイクや車は信号無視を殆どしません。

なぜならしているところを警察官に見られた瞬間にとりしまれれるから。

すぐに罰金を徴収させるからです。

 

人間は高尚な動物ではありません。

ただ駄目と言われても自分に不利益がなければやってしまうのです。

 

すり抜けだってそうです。すり抜けしていく事で通勤時間が短くなる

目的地への所要時間が短くなるというメリットはあるものの、取り締まれるリスクは低い。

そのため危険とわかっていながらもやってしまう人が多いんです。

 

ちなみにバイクがすり抜けしていると、わざと幅寄せしてすり抜け

出来ないようにする車のドライバーもいますが、過去の判例から

すり抜けしてきたバイクを車をがひっかけてしまうと車の過失割合が

大きくなってしまうことが多いようです。おすすめできない行動です。

 

すり抜けは駄目!危ない!格好が悪い!

と声だかに叫んだところでなくならない。

 

この国の法律が根本的に変わらない限りは

バイクのすり抜けの現状が変わる事はなさそうです。

 

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. 陣野与三郎 より:

    「渋滞にハマること」を楽しんでる人もいますよ~♪(*´∀`)/”

    http://ameblo.jp/beast1966jp/entry-11827530063.html

    【取り締まられるリスク】>【事故に遭う(起こす)リスク】の人には理解できないでしょうけど、時間に余裕のない無理なツーリング計画を立てたりするくらいなら、「ツーリング」=「トレーニングw」になるんですから一石二鳥です♪

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報