バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

お盆休みに出没する公道をサーキット化する大人達

お盆休みに入り帰省している人もいらっしゃるのではないでしょうか?

私も先日娘を連れて神奈川県の自宅から伊豆の実家に帰省しました。

 

お盆の帰省ラッシュピーク日ではなかったものの、予想通り東名高速道路は

横浜町田インター付近から厚木まで混雑していました。

 

伊豆に行く最短経路は厚木から小田原厚木道路を抜けて真鶴道路を通るのが一般的です。

 

しかし、この時期は真鶴道路を含めて海沿いの道は大変混雑するので、小田原からターンパイクを

に乗り椿ラインを経由して伊豆スカイラインで亀石峠に抜けるルートがあります。

 

ただしこのルートは高低差があり、尚且つ曲がりくねった道が続き

側溝には蓋がついていない為、脱輪してしまえば自力では脱出できません。

実際、実家から帰ってくる時に脱輪してJAFを呼んでいる方を見かけました。

 

更に海沿いのルートを行くよりもかなり遠回りで通行料金も高い為

一般的な人はあまり使わないルートです。

 

車の往来が少なく、曲がりくねった道が続くとなると現れるのが

公道をサーキット化する大人達です。

 

以前から伊豆スカイラインではバイク事故が多く問題になっており

二輪車通行禁止案が浮上していることはブログでもお伝えしています。

 

しかし前述したルート内は全線で「サーキット化」している大人が見受けられます。

 

箱根ターンパイクで恐ろしい勢いで反対車線を

轟音と共に駆け抜けていったAUDI2台。

 

椿ライン走行中にピッタリと後ろに張り付き散々煽ってきた挙句に

強引な追越をしていったマツダの新型ロードスター。

 

更に強烈な加速でターンパイクで強引な追越を仕掛けてきた

カワサキ ニンジャH2。

 

以前にも高級車に乗る人に走行モラルの悪さを感じることが多い事をしてきましたが

今回もターンパイク→伊豆スカイラインで同じような印象を受けました。

 

お盆に出かけると渋滞にはまることが多いと思います。

今は抜け道をインターネット等で探すことも出来る時代です。

 

しかしターンパイクや伊豆スカイラインのように曲がりくねった

比較的空いている道には公道をサーキット化し、一般の人の迷惑を顧みない

高級車乗りが出没します。

 

伊豆スカイラインはゆっくり走行すれば景色が非常にきれいで

良い道なのですが、走行性能の高い高級車に煽られれば気分は台無しです。

 

まだまだお盆序盤ですが、抜け道の選択肢に山道を選択すると

折角のホリデー気分を台無しにされちゃうかもしれません。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報