バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

CBR250RRもいいけどSV650もかなり良いと思う

バイク業界が今最も注目しているのは

ホンダのCBR250RR。

 

カワサキのニンジャ250Rのリリースをきっかけに

250ccフルカウルブームが始まりました。

 

ホンダは単気筒なのに恐ろしく高回転まで回るCBR250Rをリリースし

ヤマハは250ccフルカウル車両の中で最も高出力なエンジンを搭載した

YZF-R25をリリースしました。

 

現在はYZF-R25が人気ですが、ここにきてホンダもスペック重視の

250ccフルカウルスポーツをリリースしてきました。

 

250ccクラスは台数も売れるので注目されて当然なのですが、

ほとんど同じタイミングで発表されたSV650の国内販売は個人的には

もっと注目されても良いと思う。

 

スズキ SV650

スズキ SV650

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までは大型免許を持っているなら700ccとか800ccといった中途半端な排気量よりも

1000ccオーバーのリッターバイクが好まれる傾向がありましたが、バイクユーザーの

年齢層が高くなるにつれ、「調度良い」排気量のバイクも好まれるようになってきました。

 

ホンダのNCシリーズやヤマハのMTシリーズなど大型バイクだけど扱いやすくて

価格も安いというポイントがユーザーに受け入れられ大人気となりました。

 

今はこの排気量のクラスで言えば、ヤマハのMTシリーズが人気ですが、

このクラスに新しい選択肢が生まれるのは嬉しいところです。

 

SV650のエンジンはV型二気筒

SV650のエンジンはV型二気筒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライバルはやっぱりヤマハのMT-07。

 

スペックだけ見ると、MT-07は73馬力 182kg【ABS付】

SV650は76.1馬力 196kg【ABS付】

 

燃費はちょっとだけMT-07の方が優れてるようです。

 

価格はMT-07が74万9520円

SV650は73万8720円

 

スペックや価格だけ見比べると充分にライバルと言える二台。

 

SV650の販売開始は8月11日からということ。

試乗が楽しみな一台です。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報