バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

車の免許で原付2種に乗れる日が来る?

ここ数日ネット上で車の免許で原付2種に乗れる日がくるかも?

という話題で盛り上がっていますね。

 

賛否両論あるようですが、当たり前の話。

 

原付2種クラスと言えば、125ccクラスまでのスクーターのこと。

 

原付と違って一般道を車と同じ速度で走行できるし、二人乗りも

出来るので通勤などで使っている人も多いクラスです。

 

高性能な車種は時速100キロ近くまで出るものもありますし

二輪の運転に慣れていない人が運転するのは怖いという意見は正しいと思います。

 

個人的には車の免許で原付2種クラスに乗れるようにするのではなくて

原付にかかっている理不尽な規制を緩和したらよいのではないかと思います。

 

原付は車の制限速度が60km/hの道路でも

30km/hで走らなければなりません。

 

大学生の頃に原付で八王子の大学に通っていて

国道16号【片側三車線の広い道路】を走る際に

めちゃくちゃ怖かったのを覚えています。

 

制限速度を守って走っているとミラー越しに

後ろを走っているドライバーがイラついているのがわかります。

 

周りが少し空いてくると、すごいスピードで車体スレスレを

追い抜いて行くなんことが頻繁にありました。

 

何も悪いことをしているわけではないのに、他人をイラつかせ

自分は怖い思いをしてしまうわけです。

 

速度が上がれば事故を起こした時の被害も大きくなるので

規制緩和して怪我や死亡するリスクが上がるのを考えたら

出来ないのかもしれませんが、

 

偉い人は周りが60km/hで走っている道路で

30km/hを守って走ってみたらよいと思います。

 

それともう一つ。

原付には片側三車線では二段階右折しなければ

ならないというルールがあります。

 

これらの規制が制定された背景を考えると当時は原付の性能が低く

車の流れに乗って走ることが危険という事情があったのかもしれません。

 

現在の原付は非常に高性能なので制限速度内で

車の流れに乗ることが充分に可能です。

 

そもそも都内を走っていれば、時速30km/hで走行している

自転車を頻繁に見かけますし、車と一緒に三車線道路を右折していく

自転車を見かけることもあります。

 

ABSもストップランプもウインカーも明るいヘッドライトも

付いていない車両がやっていることを原付はやっちゃいけない。

※厳密にはやっちゃ駄目だけど取り締まられない。

 

二輪車に慣れていない人が二人乗りするのは危ないと思うし

あまりスピードが出るバイクに乗せるのも危険だと思います。

 

でも50ccの原付が車の流れに乗って走るのは良いと思う。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報