私たちの知らない本田宗一郎

バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

私たちの知らない本田宗一郎

バイクや車に関して、あまり詳しくない人でも

本田宗一郎氏の名前を聞けば、

 

「なんとなく聞いた事がある」

 

と答える人が多いでしょう。

 

言わずと知れた本田技研工業の創業者です。

 

一代で日本を代表する企業を作り上げた

本田宗一郎氏の関連の書籍は多く出版され。

 

本田宗一郎氏の発言は多くの人に影響を与えています。

 

これだけの人物ですので、批判的なことを言う人もいれば

その逆に賞賛する人もいます。

 

1991年にお亡くなりになられていますが、

当時の私は11歳。

 

当然、面識もありませんし、本やインターネットでの

情報から本田宗一郎という人物を想像するしかありません。

 

オートバイ業界では伝説的な人物ですので、

一度お会いして見たかったというのが本音です。

 

先日、一人のお客様が弊社にいらっしゃいました。

 

ホンダのV-TWIN MAGNAにまたがり来社され

弊社のウインドスクリーンを検討されていました。

 

若い社員が対応していましたが、途中から私が対応に入りました。

 

そのお客様はリターンライダーで、子育てがある程度落ち着いたので

オートバイを購入したとのこと。

 

奥様を説得できた最大の理由は、

 

「俺がオートバイを買えば、車はお前が好きな時に乗れるぞ」

 

だったそうです。参考にさせて頂きます。先輩。

 

以前はCB750に乗っていたそうですが

寄る年波には勝てず足つきの良いバイクを選んだそうです。

 

「これ以外のバイクは足つきも悪いし駄目なんだ。

本当はもっとパワーがあるのがいいんだけど。」

 

とおっしゃるので、ここはオールアバウトバイクガイドの

腕の見せ所。メーカーさんから様々な

広報車を借りて試乗していますので、自分の経験からある車両を

お客様にお勧めいたしました。

 

すいません。奥様。だんな様は750ccのバイクを買うと思います。

 

バイクが好きな人が集まれば、あーだこーだと色々な話が

出てきますが、そんな時にこんな話が出てきました。

 

「俺も30年前はホンダにいたんだけど、ホンダのオヤジも

死んでしまったし、寂しいもんだよなぁ」

 

なるほど、ウィキペディアや関連書籍によると、

本田宗一郎氏は従業員に「オヤジ」と呼ばれていたとありますが

どうやらこれは真実のようです。

 

バイク業界のレジェンド 本田宗一郎氏を知る人物。

私は心が躍りました。

 

以下、しばらく私とお客様の会話

 

私「本田宗一郎氏はどんな人でしたか?」

 

お客様「現場の末端の社員と話をする時も、役員と話をする時も

同じように接してくれた。あれは嬉しかったよね」

 

私「書籍とかによると、怖い人と評されることもあるようですが、

現場での本田宗一郎氏はどんな感じだったんですか」

 

お客様「仕事に対しては厳しい人だったから、そう感じる人も

いるかもしれないけど、気さくな人だったよ」

 

私「空冷エンジンにこだわりすぎたことで、技術者として

引導を渡されたというエピソードがありますが」

 

お客様「俺は空冷のエンジンで丸目一灯のバイクしか買わないよ。

それが美しいと思っている。」

 

書籍などによれば、本田宗一郎氏は空冷エンジンにこだわりすぎるあまり

周りから反発され、開発技術者としては外されたといいます。

 

今でも空冷エンジンの造詣が好きだというファンは沢山いらっしゃいます。

実際に丸目一灯、空冷エンジン、伝統的なデザインを採用した

 

ホンダ CB1100は発売と同時に販売台数を伸ばしました。

 

本やインターネットでは語られない。

人の記憶の中にだけあるもの。

 

ご来社頂いたお客様から素晴らしいお話をお伺いすることが出来ました。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. いいですね。親父話。
    うちの会社の大ボスも、宗一郎さんと出会った際のお話を一度してくれました。
    その話をするときの大ボスの目の輝きが素敵でした。

    いまだにスーパーカブを越えられないホンダ二輪。
    オヤジの薫陶を受けていない人々からのレジェンドにちょっと期待している私だったりします。

  2. wpmaster より:

    じょうごひかる様

    今年は本田宗一郎の夢だったホンダジェットが発売開始されます。
    スーパーカブは中国生産になってしまいましたが、リトルカブは
    熊本工場で作られています。

    着実に本田技研工業の中に、まだ本田宗一郎の影響を受けた
    人たちはいるのだと思います。

    去年から今年にかけて、ホンダはリリースラッシュです。
    今後も期待は出来ると思いますよ^^

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報