バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

原付の速度規制 時速30km/hはいつまで続くのか?

先日あるメーカーから、50cc原付の広報車をお借りしました。

東京都心部で車両をピックアップし、江戸川区の勤務先まで帰りました。

 

原付で東京都内を車の流れに乗って走行することは出来ません。

なぜなら、原付には30km/hの速度規制があるからです。

 

都内の二車線、三車線の道路は速度規制が50km/h、60km/hが多い為

周りの車は50km/h~70km/hぐらいで走行しています。

 

周りの車が70km/hで走行しているときに、道路の端を

30km/hで原付が走行しているのを想像してみてください。

 

例えば、車で一車線道路を走行している際に、道路の橋を

スポーティーな自転車が走っている場面を想像してみて下さい。

最近はこのようなケースは珍しくはありません。

 

「抜かすにも微妙な速度だし、走りにくいな」

 

と思うはずです。

 

これが60km/hで走行している時に30km/hで道路の橋を

走っていたらどうでしょうか?

 

「危ないなぁ」と思うはずです。

しかし、当然原付は60km/hの道路を走っても

違反でありません。

 

時速30km/hというのは、スポーティーな自転車であれば

巡航可能な速度域です。※もちろん私にはできませんが。

 

バックミラーの装着義務もなく、ヘルメットも任意。

ウインカー等の灯火類も装着されていない。

そんな自転車も道路を時速30km/hで走行しています。

 

灯火類が装着され、バックミラーで後ろの状態の確認が可能。

エンジンをかけるのと同時に、ヘッドライトが点灯し、

昼間でもヘッドライトの光で存在をアピールしている原付。

 

なぜいつまでも原付の速度規制は30km/hなのでしょうか?

 

最近人気の原付2種【排気量が51cc~124ccまでのクラス】が

人気の理由の一つが30km/hの速度規制がないからです。

 

国内のホンダなどのメーカーは、原付2種の免許取得に対しての

負担を減らそうと努力しています。

 

都内を走るのにはちょうど良いですし、前述したように30km/hの

速度規制がなく、二人乗りもOK。まさに日常の足として最適な乗り物です。

 

しかし、日常の足に原付2種クラスの性能が必要なのか?と

と問われれば、答えはNO!です。

 

日本には50ccの原付があるのですから、50cc原付でよいのです。

 

先日お借りしたメーカーの広報車はとても高性能で、

都心の道であれば、車の流れに乗って走ることが可能でした。

 

速度規制を緩和すれば、事故などの危険が高まる可能性があります。

スピードを出す人が増えるかもしれませんから。

 

ですが、自転車を取り巻く環境のゆるさと

原付を取り巻く環境の厳しさを考えると、

少し規制を緩和してもらうと事は出来ないのだろうか?

と思ってしまいます。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. skgndzuzk より:

    fvQteQ bxesbptdawnp, [url=http://jvmyphfovail.com/]jvmyphfovail[/url], [link=http://kxxvlbfnqiiz.com/]kxxvlbfnqiiz[/link], http://qarusmralrnc.com/

  2. モトラー より:

    原付自転車が出来た60年も前は、本当に自転車に草刈機のエンジンを後付けしたようなものでした。
    自転車で時速30キロも出したことがある人なら知っていると思いますが、ちょっとした轍やデコボコで転びそうになります。
    当時は未舗装の砂利や泥道が多く、水溜りが出来て凹凸が酷かった。
    そんな中で自転車で30キロ以上出すことは本当に危険でした。
    だからその規制は当然でした。

    だが、今の原付自転車は全くのオートバイです。
    走行安定性もよく、制動力もあり、道路に吸い付くように走るものが多い。
    しかも今の道路は殆どが舗装されており時速60キロ程度なら何の問題もありません。

    ところがこの原付の30キロ規制を忠実に守るととんでもないことになります。
    例えば、大型トラックがやっとすれ違える程度の対向二車線、制限速度40キロの道路は日本には非常に多いですが、交通量の激しいそんな道路で、原付が時速30キロでノロノロ走っていたら、大渋滞です。
    業を煮やした大型ダンプカーが無理やりスレスレを追い抜いて行く。
    巻き込み事故の危険性は何百倍にも跳ね上がります。
    ウソだと思ったら議員さん、自分で実際にそう言う道路でやって御覧なさい。
    百回やったら多分死んでいると思われます。

    最近、自転車専用路線が車道に設けられている所があります。
    原付はどこを走ればいいの?
    時速30キロで中央より車道走るの? 大渋滞ですな。

    原付は流れに乗って走るのが最も安全なのです。
    だから今の原付の法定30キロ規制は時代遅れで現状に適応していません。
    正に規制の為の規制となっています。

    現状に適応しなくなった法律を改めて行くのも議員の仕事ではないのですか?
    議員さん、しっかりして下さいよ。

    少なくとも、時速50キロ程度まで引き上げる必要があります。
     

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報