バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

ライダーに優しい!ホンダが立ちゴケしない新技術を発表!

ライディングアシストコンセプト

ライディングアシストコンセプト

 

米国ネバダ州ラスベガスで開催されている家電見本市CES2017で

ホンダがライディングアシストを発表しました。

 

ホンダのASIMOに代表されるロボット技術を二輪車に応用した

世界初公開の実験車両だそうです。

 

youtubeのホンダ公式アカウントに動画がアップされていましたので

まずはその動きをご覧下さい。

 

 

ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立することができるという同車。

極低速時のふらつきなどによる転倒のリスクを防ぐ素晴らしい技術です。

 

 

私も広報車などをお借りする際は転倒などのリスクを考えて

ユーターンする際はバイクから降りてしたりしますが

この技術があればそういったリスクもなさそうです。

 

加えて動画を見ていくと女性の後をついていくような動作も見せています。

重いバイクを取り回すのは大変ですが、この技術が確立すれば取り回しが

必要なくなってしまうかもしれません。

 

ブレーキのロックを防ぐABSやタイヤの空転を防ぐ

トルクコントロール。

 

クラッチ操作やエンジンブレーキの効きすぎを制御する

アシスト&スリッパークラッチなどバイクを電子制御する

技術がどんどん進んでいます。

 

スズキ SV650

スズキ SV650

 

近年ではスズキがリリースしたSV650にはローRPMアシストが

装備されています。

 

これは発信時や極低速時などにエンジンの回転数をわずかに上げて

エンストのリスクを減らしてくれるもの。

 

特に大型バイクは転倒時に自重によるダメージが大きいため

こういった技術はありがたいですね。

 

ちなみに今回発表された実験車

 

発表された実験車

発表された実験車

 

NC750S

NC750S

 

ベースエンジンとフレームはNCシリーズのものを

流用しているようですね。

 

NCシリーズと言えばホンダがデュアルクラッチトランスミッションを

最初に導入したバイク。

 

大雑把に言えばオートマ感覚で乗れるデュアルクラッチトランスミッションと

今回のライディングアシストが組み合わせればライダーのミスによる立ちゴケや

極低速時の転倒は完全に防ぐことができそうです。

 

バイクは体重移動も含めて操作するのが楽しい魅力もありますが

操作ミスによる転倒のリスクを減らしてくれる技術はありがたいですね。

 

現在ホンダの採用ページを見てみると、

制御系のエンジニアの募集が多くなっています。

 

これからの時代はバイクや車の走行性能が高いのは当たり前。

加えて電子制御技術によってどれだけ快適に乗れるのか?が問われる

時代になってくるのかもしれません。

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報