バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

ホンダが2014年度第一四半期連結決算について発表 バイク部門はどうだ?

ホンダが2014年度第一四半期連結決算について発表しました。

2014年4月1日~6月30日までの3ヶ月間の集計です。

 

二輪の販売台数は前年が405.4万台のところ

本年は413.7万台と8.3万台増加しました。

 

これはもちろん国内市場だけではなく

海外市場も含めた販売台数で、そのほとんどは

アジア市場がしめています。

 

では国内市場はどうかというと、

 

2010年以降、2013年まで徐々に拡大を続けています。

 

しかし、残念ながらシェアのほとんどを

アジアなど海外がしめている為

デザインなども海外のトレンドを取り入れています。

 

特に顕著なのはスーパーカブです。

 

以前にも少し触れましたが、日本市場ではヘッドライトの形状が

丸いスーパーカブが人気ですが、海外では丸いヘッドライトデザインは

あまり受け入れられず、角目のヘッドライトが人気です。

 

その為、グローバルモデルとして全世界で販売されている

スーパーカブは日本人好みの丸いヘッドライトを採用することが

出来ないわけです。

 

話は戻しますが、ホンダの快進撃が止まりません。

四半期の純利益は前年度19.6%増の1465億円となりました。

 

バイクで考えれば、、、

 

原付2種クラスバイクの拡充

 

グロム、PCX、リード125など販売台数を伸ばしました。

 

 

エントリーユーザー向けモデルの販売

 

CBR250R CRF250M カウル付きで低価格なCBR250Rと

デュアルパーパス CRF250Mが人気です。

 

 

快適性が高く扱いやすいモデルの販売

 

NC750X NC750Sはダミータンク部分に収納スペースがあり

オートマのように扱えるデュアルクラッチ仕様車が用意されました。

 

リターンライダーを中心に爆発的にヒットした車両です。

 

ノスタルジックな雰囲気のモデルの販売

 

CB1100 CB1100EX

 

今や希少な丸目一灯 空冷4気筒エンジンを採用した

クラシックな雰囲気漂うモデルは往年のバイクファンを

虜にしました。

 

ビジネスユースモデルの販売

 

ジャイロキャノピー、ベンリィ

 

以前から宅配業者が利用している三輪のジャイロキャノピーや

荷物を積むキャリアスペースの広いベンリィは幅広い業者に

利用されています。

 

超高性能スポーツモデルの販売

 

CBR600RR CBR1000RR

 

先日の鈴鹿8耐ではMuSASHi RT HARC-PROが

優勝しましたが使用したマシンはCBR1000RRでした。

 

 

どのようなライフスタイルを想定しても、ホンダの

ラインナップの中で選ぶことが可能で、

しかもほとんどの場合は一車種ではなく、複数の車種から選択可能です。

 

四輪のことは良く知りませんが、少なくとも二輪はラインナップだけ見ても磐石の構えです。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報