丸目一灯の車両が販売されない理由

バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

なぜ丸目の新車バイクは発売されないのか?

 

今や日本を代表するバイク スーパーカブでさえ、

丸目を捨て角目を採用しています。

 

丸目、角目がなんだといえば、ヘッドライトの話。

 

一昔前の国産のバイクはみんな丸いヘッドライトを

採用していました。

 

SR400、CB400SFなど、今だに丸いヘッドライトを

採用している車両はありますが、

 

各メーカーが新しく出してくる新しい車両のヘッドライトは

どれも丸目を採用していません。

 

世界的に見ても、丸いヘッドライトを採用しているバイクは

減少傾向にあり、独特な形状のヘッドライトを採用し始めています。

 

各メーカーが個性的なヘッドライトを採用しするのは

個人的には悪くは思いませんが、伝統的な丸いヘッドライトが

減ってきてしまっているのは寂しく思います。

 

実際にお客様と話しているときに、

 

「最近のバイクはみんな変な形のヘッドライトを

採用していて買う気にならないんだよね」

 

「バイクはさーやっぱり丸目一灯のヘッドライトじゃないと」

 

「毎年モーターショー行ってたんだけど、最近のバイクは

変なヘッドライトを採用しているから新車は買う気にならない」

 

といった意見を聞くことが多数あります。

 

主に30代後半~50代ぐらいの方とお話している時に

こういった意見を聞くことが多いのですが、

 

前述したように一昔前のバイクは、丸いヘッドライトを

採用している事がおおかった為、違和感を感じる方が

多いのでしょう。

 

丸いヘッドライトを採用したバイクを求めるユーザーの需要は

少なくないと思います。

2010年にホンダが発売したノスタルジックな雰囲気で

丸いヘッドライトを採用したCB1100は販売数を伸ばしました。

 

では、なぜ各メーカーは丸いヘッドライトを採用した

新車のバイクを発売しないのか?

 

先日、ホンダの広報担当者と話をしていた時に

なぜ新しいスーパーカブは丸いヘッドライトを採用

しなかったのか?という話になりました。

 

歴代スーパーカブは丸いヘッドライトを採用し

スーパーカブカスタムなど、一部派生車種にのみ

角型など、形状の違うヘッドライトを採用していました。

 

しかし、ダントツ人気だったのは、丸いヘッドライトを

採用したスーパーカブでした。

 

こういった事情から、私にはカブのヘッドライトを

丸いヘッドライトにしない理由がわからなかったのです。

担当者さんからの返答は私が想像しないものでした。

 

「海外に販売した時に丸目は受けないから」

 

なるほど、確かにスーパーカブは日本だけで無く

他の国でも販売されています。

 

スーパーカブだけでなく、国内で販売しているモデルの多くは

海外でも販売されているグローバルモデルとなっています。

 

その為、各メーカーは国内だけでなく、海外の販売も

見越した形で戦略を立てています。

 

丸いヘッドライトデザインが受け入れられない

海外の事を考えると、採用できない。これがメーカーの本音でしょう。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報