バイクガイドな日々

バイクの事、通販のことなど

原付バイクが売れない理由を語った大村会長の記事に関するコメント欄の意見が的を得ている件

全盛期の販売台数に比べて10分の1以下まで販売台数が

低迷しているバイク業界。

 

しかし実は大きく販売台数が落ちているのは

50ccの原付スクーターと言われている。

 

価格が安くて荷物をシート下ラゲッジスペースなどに

収納することができた原付スクーターは庶民の足として浸透していた。

 

しかし現在50ccのスクーターの販売台数は低迷している。

この理由を全国オートバイ組合の大村会長は以下のように発言している。

 

原付自転車を乗用車扱いして、バイク駐車を取り締まった警察が作った官製不況ですよ

 

carviewより抜粋

https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20170822-10271061-carview/

 

この発言に関してレスポンスのコメント欄には

沢山のユーザーが意見を寄せているが感情的になっている

人以外のコメントは的を得たコメントが多いように思う。

 

今、バイクが売れない理由はたった一つの事が原因と言うわけではなく

複合要因になっているのだ。

 

私個人の意見としては大村会長の意見も正しいように思う。

 

私はよくDVDやCDを仮にツタヤに行く事がある。

ツタヤの前には沢山の自転車が駐車している。

 

以前はバイクでツタヤに行っていたが、

今は自転車で行くようにしている。

 

なぜかと言えば、DVDやCDを物色している10分の間に

駐禁をきられたからだ。

 

駐車禁止場所だった為、罰金は6000円。

緑色の服を着た交通監視員が取り締まっていったようだ。

 

以前は沢山の自転車の中にバイクを停車していても

あまり取り締まられることがなかった。

 

しかし現在は緑色の人たちがガンガン取り締まっている。

 

まぁ交通違反だから取り締まられるのは仕方がないとしよう。

では私はツタヤに行くときにはどこに駐車すればいいのか?

 

ちなみに私がよく行くツタヤは神奈川県の元住吉という町にある。

商店街が栄えていて使い勝手の良いお店が並んでいる。

 

駅前にはバイクも駐車できる駐輪場もあるが125cc以下の駐輪場で

バイクは駐輪することができない。

つまり元住吉に遊びに行く際にはバイクを駐車するところがないということになる。

 

これも大きな問題だが今回は原付に絞って考えたい。

 

駅前の駐輪場は駅まで原付で通勤している方も多いらしく

比較的一杯になっている事が多い。

 

つまり駐車スペースが足りていないのだ。

 

これは神奈川県の一つの町の事例だが

打ち合わせで都内に行く際に車の駐車場はあっても

バイクを駐車することができる駐輪場は極めて少ない。

 

そのため、打ち合わせに行く際の足は基本的には車か

電車などの公共の交通機関となる。

 

原付やバイクで出かけても駐車するところが無いのであれば

普段の足として使うのは不可能だ。

 

私は実体験から大村会長の意見は正しいという認識を持っている。

 

ではコメント欄にはどのような意見が寄せられているか?と言えば・・・

 

「今時原付の30km/h規制、二段階右折はおかしい。

30km/hで走っている原付のすぐ横をトラックが60kmで走っていく

恐怖ったらない。」

 

原付が売れまくっていた時代も二段階右折や30km/h規制はあった。

という意見もあった。確かにその通り。

 

ただ車やバイクの性能が上がってきているのも事実だし、

制限速度60km/hの道路ではピッタリ60km/hで車は

巡航してくれない。

 

トロトロと30km/hで走行していれば後続の車のドライバーは

イライラし、右車線が開いた瞬間に恐ろしい勢いで追い抜きし

酷い場合はギリギリで左車線に戻ってきて嫌がらせをしてくる

ドライバーもいる。

 

上記は私の実体験である。

 

今のご時勢で原付の30km/h規制、二段階右折はやはりおかしいと思う。

 

「捕まりやすくて罰金のリスクばかりが高い

原付の行動範囲なら電動アシスト自転車を初めから買います」

 

今のご時勢なら電動アシスト自転車がよい

っていう意見もわかる。

 

ただ自転車は基本的に「車両」である。

 

数年前に取締りを強化すると言うアナウンスが流れ

違反を繰り返した場合は講習を受けてもらう。という事が言われたが

相変らず雨の日は傘をさして走行している車両が沢山いるし、

音楽を聴きながら運転する人も後を絶たない。

 

自転車は今や無法地帯である。

 

こんなコメントもあった

 

私が原付で二段階右折しようとしていると自転車が堂々と

道路の真ん中を右折していく。信号待ちしていると右から

堂々と自転車が信号無視して走っていく。

 

人間はそんなに高尚な生き物ではない。

切符を切られて罰則を受ける法規になっていなければ

多少の無茶はしてしまうものである。

 

ちなみに上記のようなシチュエーションは

都内をバイクで通勤している私も良く見かける。

 

排気ガス規制による値上げが影響している

 

排気ガス規制は年々厳しくなる一方である。

 

規制を通すためにエンジン自体を効率の良い構造に変更し

マフラーから排出されるガスを綺麗にするキャタライザーが追加。

更に燃料噴射をアナログ方式からコンピューター方式に変更しなければ

規制は通らなくなった。

 

結果車両の販売価格は高くなる。

気軽に買える足ではなくなるのは必然ともいえるだろう。

 

子供の幼稚園の送り迎えで自転車は三人乗りまで可能

原付は一人乗りで二人乗りは不可。

 

うん。確かにこれもフシギな話だ。

 

他にも、、、

 

取り締まるのが当たり前!

でも自転車ももっと取り締まるべき!

 

 

 

ヘルメットが着用義務になったから

 

 

自賠責も任意保険も高い

 

 

といった意見も見られた。

 

正直全ての意見がその通りだと感じた。

 

でもやっぱり多かったのはバイクで出かけても

駐車する場所が無いことに賛同するコメントは多い。

 

駐車の取締りを強化して道路や歩道にバイクが減ったのは

ある意味良いことだと思う。

 

ただ反面自転車は相変らず駐車できている状況はおかしいと思うし

駐車できる土壌ができる前に取り締まりを強化したのは順番がおかしいと思う。

 

私のように上記の意見全てに賛同できなかったとしても

その中のいくつかに理解をしめす人はいるはず。

 

たった一つの要因で原付は売れなくなったわけじゃない。

あらゆる要因が現在の結果につながっている。

 

ただ日本は法治国家ですから、決まりには従うべきだし

無法地帯になっている自転車はもっと取り締まるべきでしょうね。

 

なんらかの形で偉い人たちがバイクに乗っている人にとって

嬉しい規制緩和とかしてくれるのはありがたい話だ。

 

ただそういった努力は大村会長や政治家の皆様にお願いするしかない。

 

我々バイク業界に携わる人間はバイクの魅力を発進するなど努力を

続けるべきだ。

 

というわけでワールドウォークは製品開発のほかに

現在もやっているバイク関連記事の製作や今後動画コンテンツも

やっていく予定です。

 

業界の底辺にいるメーカーも頑張ります!

ビックスクーターは未来の乗り物となる可能性がある

バーグマン フューエルセル
マジェスティ

マジェスティ

 

残念ながらビックスクーターというとあまり良いイメージがない。

それは2000年代に過度なカスタムブームが巻き起こった事が要因といえる。

 

お世辞にも上品とは言えないカスタムが施された車両が街中を走り

しかも爆音のマフラーを装着していたものだから、一般の人の印象が

悪いのは当たり前だ。

 

カスタムブームは2000年代終盤に終了し、現在では荷物を沢山つめる

便利な乗り物として一部のユーザーに人気を支えられている。

 

カスタムブーム最前線の頃は人気に後押しされ、装備はどんどん豪華になっていった。

 

しかし、ここ最近はビッグスクーターの形も原点回帰していっている印象がある。

ホンダのFORZA Siやスズキのバーグマン200がそれだ。

 

オーディオや電子制御による走行モードの切り替えなどはないものの

走行性能自体はアップしている。

 

このバーグマン200が今回の話の主役だ。

 

バーグマン フューエルセル

バーグマン フューエルセル

 

スズキ株式会社は、車両型式等認定を受けた燃料電池二輪車「バーグマン フューエルセル」でナンバープレート(車両番号票)を取得し、公道走行を開始する。

 

3月21日スズキから上記のようなプレスリリースが送られてきた。

 

燃料タンクは700気圧の圧縮水素で加速時のアシストなどにリアホイールに

内蔵しているモーターを使ったハイブリッドシステムを搭載している。

 

 

車と違って二輪車はレイアウト上余裕がない。

そのため荷物を入れるスペースすら確保されていない。

 

トリシティ

トリシティ

 

欧州ではフロント二輪のスクーターにハイブリットシステムを

採用しているモデルがあり、ハイブリットシステムを採用した

モデルが出るとしたらヤマハのトリシティが筆頭になるのでは

ないかと考えていた。

 

しかし考えてみたら、ビッグスクーターはシート下に

荷物を入れる大きなラゲッジスペースを確保している。

 

このスペースを使えば確かにハイブリッドのシステムは

実現可能なように思う。

 

2017年2月22日には小池都知事が

 

「バイクはエコな乗り物」と発言した。

 

私は毎日バイクで通勤しているが、通勤時間帯に車に乗っている

人は大体が「一人乗り」だ。

 

車通勤している人がバイクにするだけで渋滞は解消され

排気ガスの排出量は大幅に削減されるだろう。

 

ブームの前は荷物が沢山入ってギアの操作がないので

運転が簡単な乗り物として人気だったビックスクーター。

 

バイクは元々エコな乗り物だが、更にもう一つ先の姿を見せた

スズキのバーグマンフューエルセル。

 

「東京オリンピック成功のためにはバイクにも人肌縫いでもらわなければいけない。」

 

とも語っていた小池知事。

 

混雑した都内を走るコミューターとして

エコなビッグスクーターが活躍する未来もあるのかもしれない。

ライダーに優しい!ホンダが立ちゴケしない新技術を発表!

ライディングアシストコンセプト

ライディングアシストコンセプト

 

米国ネバダ州ラスベガスで開催されている家電見本市CES2017で

ホンダがライディングアシストを発表しました。

 

ホンダのASIMOに代表されるロボット技術を二輪車に応用した

世界初公開の実験車両だそうです。

 

youtubeのホンダ公式アカウントに動画がアップされていましたので

まずはその動きをご覧下さい。

 

 

ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立することができるという同車。

極低速時のふらつきなどによる転倒のリスクを防ぐ素晴らしい技術です。

 

 

私も広報車などをお借りする際は転倒などのリスクを考えて

ユーターンする際はバイクから降りてしたりしますが

この技術があればそういったリスクもなさそうです。

 

加えて動画を見ていくと女性の後をついていくような動作も見せています。

重いバイクを取り回すのは大変ですが、この技術が確立すれば取り回しが

必要なくなってしまうかもしれません。

 

ブレーキのロックを防ぐABSやタイヤの空転を防ぐ

トルクコントロール。

 

クラッチ操作やエンジンブレーキの効きすぎを制御する

アシスト&スリッパークラッチなどバイクを電子制御する

技術がどんどん進んでいます。

 

スズキ SV650

スズキ SV650

 

近年ではスズキがリリースしたSV650にはローRPMアシストが

装備されています。

 

これは発信時や極低速時などにエンジンの回転数をわずかに上げて

エンストのリスクを減らしてくれるもの。

 

特に大型バイクは転倒時に自重によるダメージが大きいため

こういった技術はありがたいですね。

 

ちなみに今回発表された実験車

 

発表された実験車

発表された実験車

 

NC750S

NC750S

 

ベースエンジンとフレームはNCシリーズのものを

流用しているようですね。

 

NCシリーズと言えばホンダがデュアルクラッチトランスミッションを

最初に導入したバイク。

 

大雑把に言えばオートマ感覚で乗れるデュアルクラッチトランスミッションと

今回のライディングアシストが組み合わせればライダーのミスによる立ちゴケや

極低速時の転倒は完全に防ぐことができそうです。

 

バイクは体重移動も含めて操作するのが楽しい魅力もありますが

操作ミスによる転倒のリスクを減らしてくれる技術はありがたいですね。

 

現在ホンダの採用ページを見てみると、

制御系のエンジニアの募集が多くなっています。

 

これからの時代はバイクや車の走行性能が高いのは当たり前。

加えて電子制御技術によってどれだけ快適に乗れるのか?が問われる

時代になってくるのかもしれません。

 

 

 

 

相変わらずマナーの悪いドライバーが多い伊豆スカイライン

気持ち良く走れる道は高性能バイクや車の暴走行為が目立つ。

定期的に話題にしている伊豆スカイライン。

 

実家が静岡県伊東市にあることもあり、帰省する際には

必ず使用している道です。

 

海沿いの135号は一車線区間が大半を締めており

連休などは東京、横浜方面から伊豆に向かう人で渋滞します。

 

そこで遠回りだけれど混まないのが箱根新道やターンパイク経由で

山の上の伊豆スカイラインを使って亀石峠の方まで抜けるルートです。

 

道自体は素晴らしく、風光明媚な景色が広がっています。

 

つづら折れの急カーブが続く箱根新道などと違って

ゆるいカーブが続いている道なのでとても走りやすい道です。

 

しかし冒頭でも書いたように

気持ちよく走れる道は暴走行為が目立つ傾向があります。

 

ターンパイク上の大観山パーキングや

伊豆スカイライン途中の十国峠パーキングには

ピカピカの高性能バイクや車が並びます。

 

ツーリングやドライブで走っても楽しく走れる道だと思いますが、

相変わらずこの道ではハイパワーな高級車が暴走する傾向にあるようです。

 

今回もブラインドコーナーを越えた後の長めのストレートに差し掛かった場面で

正面からすごいスピードでこちらに迫ってくるアウディに遭遇しました。

 

一瞬何が起こったのかわからなかったのですが、

追い越しを仕掛けるために逆車線に出て加速してきていたようです。

 

今回は偶然にもマナーの悪いバイクにであることはありませんでしたが

以前からバイクの事故が多く通行禁止案も浮上している路線です。

 

地元の警察も取締りにかなり力を入れてくれているようですが

未だに路上をサーキット化している方が多く見受けられます。

 

車で言えばランボルギーニやポルシェ

バイクで言えばカワサキ ニンジャH2やヤマハ YZF R1など

 

街中ではあまり見かけない高級車や高級バイクも

ターンパイクや伊豆スカイラインでは見かけます。

 

ですが、残念な走り方をしている方が多くがっかりします。

 

三ない運動が完全に撤廃され、免許の取得率が上がっている自治体もあるようです。

ニンジャH2やYZF-R1はバイクを知らない知人が見ても格好良いといわれるバイクです。

 

そんなバイクが路上で格好の悪い運転をして二輪のイメージを下げるのはやめてください。

 

フェラーリやランボルギーニは山道に限らず

街中でも暴走車が目立ちます。

 

周りから見たら格好の良いスポーツカーが格好良く走っているではなく

派手なスポーツカーが無茶な運転して周りに迷惑をかけている

 

と思われていることを自覚しているのでしょうか?

 

安心して子供達を連れて実家に帰れる日は来るのでしょうか?

 

ミラノショー【EICMA】2016 ホンダ出店概要まとめ

11月8日にプレスデーが行われている

ミラノーショー2016。

 

国内メーカーも海外向けモデルを含めて

新しいモデルを複数発表しています。

 

この記事ではホンダの出店概要をまとめています。

 

市販予定モデル

 

X-ADV

x-adv

x-adv

 

インテグラでも採用されていた745cc直列二気筒エンジンとデュアルクラッチ

トランスミッションを標準装備した新しいジャンルのモーターサイクル。

 

オフロードテイストを加えたアドベンチャースクーターといった感じでしょうか?

 

前後サスペンションのストロークも長く乗り心地も良さそう。

 

CRF250RALLY

 

CRF250RALLY

CRF250RALLY

 

オフロードのワークスマシンCRF450RALLYの

スタイルを踏襲した250ccオフロードバイク。

 

既に販売しているCRF250Lの上級グレードオフロードバイクと

いった位置づけでしょうか。

 

ヘッドライトには最近流行のLEDを採用するなど

装備面の充実も図られています。

 

シート高もCRF250Lと比べて高くなっているそう。

町乗りだとシート高高いとしんどいんだよなぁ。。。

 

CBR1000RR Fireblade

 

cbr1000rr Fireblade

cbr1000rr Fireblade

 

10月のインターモトで発表された CBR1000RR Firebladeの

ベースモデル。先にハイグレードバージョンを発表してベースモデルを

後から発表した形となりました。

 

ヤマハのYZF R1、カワサキのニンジャZX-10R、スズキのGSX-R1000

各社のスーパースポーツもリリース、もしくはモデルチェンジが発表されています。

 

やっぱりスーパースポーツモデルは各社が競って欲しい!

 

今までは国内向けCBR1000RRは日本の規制に合わせて

大幅にデチューンされていましたが、今回のモデルはどうなるか?

 

CBR650F CB650F

 

cbr650f

cbr650f

cb650f

cb650f

 

マイナーチェンジが発表されたCBR650FとCB650F

エンジンと吸排気が見直されたことで最高出力が向上したとのこと。

 

以前試乗した際にはエンジンの特性とか足回りは

すごく良かった印象があるのですが、

 

スロットルの空けはじめのレスポンスが気になる感じがあり

このあたりはFiやCPUのセッティングだと思います。

 

今回のマイナーチェンジで改善されていることを期待しています。

 

SH125,SH150

 

sh125

sh125

 

日本ではSH modeの名前で販売されていたSHシリーズ。

 

ヘッドライトとテールにLEDを採用してデザインが変更されると共に

EURO4に適合する環境基準を実現したとの事。

 

日本ではあまり受け入れられませんでしたが

ベトナムなどのアセアン地域やヨーロッパでは人気のようです。

 

 

Vision

vision110

vision110

 

日本ではディオ110として販売されている

visionがモデルチェンジされるようです。

 

ということはディオ110も恐らくモデルチェンジされますね。

 

日本ではPCXやリードほど人気がありません。

 

しかし海外では110ccスクーターは安価で購入しやすいモデルとして

浸透しているため、かなり販売台数が多いようです。

 

先日新型の空冷エンジンを搭載するなどモデルチェンジしたばかりですが

人気のモデルほどモデルチェンジ、マイナーチェンジが頻繁に行われる傾向があります。

 

来年にはディオ110もモデルチェンジかもしれませんね。

 

 

コンセプトモデル

 

 

CB1100TR CONCEPT

cb1100trコンセプト

cb1100trコンセプト

 

CB1100をベースにフラットトラックレースをイメージしたという

コンセプトモデル。

 

CB1100をベースにしたコンセプトモデルは今までも

色々な形で発表されてきました。

 

今回のコンセプトモデルが一番大胆なモデルと言えますね。

 

レースをイメージしたモデルという事で保安部品も装着されて

いませんがこういうコンセプトで是非市販車を作って欲しいですね。

 

AFRICA TWIN ENDURO SPORTS CONCEPT

 

africatwin enduro concept

africatwin enduro concept

 

アドベンチャーモデルのアフリカツインをベースに

CRFシリーズの軽量パーツを装着して軽快でスポーティーに仕上げています。

 

アフリカツインを更にオフロード色を強くしたようなこのモデル

 

この仕様を求めているユーザーも多いはず。

 

私の場合は大排気量車両で林道などを走ることはしないので

私のライフスタイルだとこの仕様はあわないかな。

 

アフリカツインのコンセプトモデルは色々な形で試して欲しいですね!

 

 

以上2016年ミラノショー ホンダ出店概要まとめでした。

 

1 2 3 16
プロフィール

相京雅行

前職はウェブコンサルタント、その前の仕事は日本マクドナルドの社員という異色の経歴を持つオートバイパーツメーカー ワールドウォーク代表。東京の下町江戸川区という立地を生かした職人ネットワークを使った品物作りと、台湾・中国など海外での生産力を使った開発を続けている。現在は生活情報サイト オールアバウトにてバイクガイドを担当。バイクの魅力を伝える活動を続けている

Masayuki Aikyo

バナーを作成

バイク好きな人は是非facebookでもつながってください
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報